51vgx7mdgkl

コメント

氷の惑星にひとり派遣された使節の男。はじめ国賓として迎えられ、やがて逃亡者の身に。異文化接触の旅というべき物語。人類学的SFといわれるルグウィンの惑星デザインも見どころ。

その他のコメント

最高のSF小説の一つ。異文化理解について考えたい人は小難しい本よりまずグィンを読む方がためになる。

異世界文化や社会が様々な面から描写され、細かく構築された世界観を味わうことができる。男でも女でもない性の社会。陰と陽は対立するものではなく、ひとつのものの両面という思想。
自分達が生きている世界がいかに性の違いによって成り立っているかということをあらためて思う。

読者

40deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c453647e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a706273e3 4e9d 4b49 8cff cceed61feb4a0b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108b 5人

アーシュラ・K・ル・グィンの本