51zzz8rxzhl

夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り始めた-。時は大正ロマン華やかなりし頃、... 続き

コメント

以前夕方に故・中村勘九郎が主演でドラマをやっていた

時は大正、勘九郎演じる村田松蔵が小僧時代の出来事を留置所で話すというなんともいえぬ設定だが細部にわたり小技が聞いていて読み出すと止まらなくなる

最終的には盗賊になろうかと思ったほどハマってしまった

好みの女性はと訊ねられたら、お紺姐さんとこたえていさた時期がしばらくあった。

女掏摸なものの、ゲンノマエと云って、正々堂々と正面から掏摸をおこなうのだ。

その心意氣がなんとも好きであった。

男が女に惚れるときなんざ、概して女の粋っぷりに惚れるものである。

そしてお紺は心意氣の化物であった。

浅田次郎氏自身もこれは自分が書きたくて書いたものと明言されているが、お紺も含めた目細の安吉一味は近代で失われた大人のそびらを魅せてくれる。

妙な社会になっちまったんだ。

清濁呑まにゃア、ならねえこともたくさんある。

了簡せい。

#リジチョー。

おもしろくて、次から次へと買ってしまった。文体のうまさで引き込まれてしまいました。

読者

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4988747f4 916d 4694 b1f6 1eefd1415d11Fbfa6b12 7316 4bc0 8f4a cc0b6602b8ca7ff97b16 e7f3 485e 8179 530687ab9e06 5人

浅田次郎の本

プリズンホテル〈3〉冬

プリズンホテル〈3〉冬

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

"なんて運の悪い子だろう。- でも、もしかしたら - もしかしたらこの子は、恋人の投げた手桶に偶然あたったのではなく、手桶の下に頭を差し出したのではないかしら"

7日前

4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b80093bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed1756195577bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b