51zzz8rxzhl

夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り始めた-。時は大正ロマン華やかなりし頃、... 続き

コメント

以前夕方に故・中村勘九郎が主演でドラマをやっていた

時は大正、勘九郎演じる村田松蔵が小僧時代の出来事を留置所で話すというなんともいえぬ設定だが細部にわたり小技が聞いていて読み出すと止まらなくなる

最終的には盗賊になろうかと思ったほどハマってしまった

その他のコメント

好みの女性はと訊ねられたら、お紺姐さんとこたえていさた時期がしばらくあった。

女掏摸なものの、ゲンノマエと云って、正々堂々と正面から掏摸をおこなうのだ。

その心意氣がなんとも好きであった。

男が女に惚れるときなんざ、概して女の粋っぷりに惚れるものである。

そしてお紺は心意氣の化物であった。

浅田次郎氏自身もこれは自分が書きたくて書いたものと明言されているが、お紺も含めた目細の安吉一味は近代で失われた大人のそびらを魅せてくれる。

妙な社会になっちまったんだ。

清濁呑まにゃア、ならねえこともたくさんある。

了簡せい。

#リジチョー。

読者

Ffcb6635 3673 4a2c a264 800ba9415806558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4988747f4 916d 4694 b1f6 1eefd1415d11Fbfa6b12 7316 4bc0 8f4a cc0b6602b8ca7ff97b16 e7f3 485e 8179 530687ab9e06 6人

浅田次郎の本

あやし うらめし あな かなし

あやし うらめし あな かなし

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

古き時代、主に昭和の日本の風景に潜む隠し事の様な怪異譚7編。 実話系の怪談小説2冊の後に読んだので、改めて物語の力というものをとても強く感じた。 戦況が逼迫していた終戦間近の歩兵聯隊を描いた「遠別離」を今日この終戦の日に読んだというのはとても感慨深く、胸に詰まった。

2か月前

A46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462bFe554b3c 3240 4570 bbc8 a0341c367fd7
神坐す山の物語

神坐す山の物語

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

奥多摩の霊峰、御嶽山。山にはいにしえから神々がいるとされ、崇められている。実際に山を徘徊していると、古い祠があったり、参道と思しき道に出くわしたりすることは多い。『遠野物語』を意識したという、お伽話。

8か月前

E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864
珍妃の井戸

珍妃の井戸

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

蒼穹の昴から続くシリーズで、こうも書き方や視点が変わると、雰囲気が変わるのかと驚かされました。芥川龍之介さんの『藪の中』風でありながら、浅田次郎さんの人間愛があふれる一冊です。 そして僕は『中原の虹』へと誘われるのであります。

8か月前

A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7493ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholder