51vgr6y u6l

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差... 続き

コメント

女子高生、えっちゃんの恋や、最初に出てくる女性の恋の仇討ちの話はとても深く気持ちが揺れ動く話で、とてもほっこりする小説でした

その他のコメント

ほっこりして、ゆっくりと読める本。人と人は繋がっていることを改めて感じた。
特別なものはないけれど、とても好きな本になりました。

”幸せになるはずだったんだけど、ちょっと失敗しちゃってやり直し中かな”

共感できる人がいっぱい出てくる。そして、この本を読むと、キュンとして恋がしたくなる。

読者

Icon user placeholderE51e9af5 730e 47b0 8865 9bb4276ae34dE7f1c133 7fc1 49ad 81cc 932ca5979a342236a88c 6951 4716 b82f 66c79716ad97573752e8 8bed 430a adfa b3fca1ada577D9e7f322 0783 4529 8281 28033be58a709440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366ae3b36a251 9761 4394 8ae6 f23897efe214 301人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

11か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30