516c9xqrgpl

アイコは金田陽治への想いを抱えて少女的に悩んでいた。その間に街はカオスの大車輪!グルグル魔人は暴走してるし、同級生は誘拐されてるし、子供たちはアルマゲドン... 続き

コメント

その他のコメント

不思議すぎる
いろいろな域を超えてる気がします。

突然展開するストーリーは最初戸惑ったけど、あまり深い事考えず、気にせず読み進んだ。あの場所で陽治にフラれるとか普通無いっすよね(笑)

読者

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc3428fc80 72e2 43b4 9753 356297cf4d9eAkiaivjyeuyp25rambwa516532af 12e8 45f2 9f3d 0daae676f528629ef3a3 0581 4dd9 8fe7 65dd7ea573a78acc4c37 528e 4892 abce 50fd1290b17863fe00dc 539b 41dd a878 bcbb65a18660B70377c2 c366 4924 b14c b2b1e8a4d56c 9人

舞城王太郎の本

獣の樹

獣の樹

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

学も教養も知恵もどうしようもない…

意味わかんなかったけど面白かった。意味わかんないままだけど。

約2か月前

世界は密室でできている。

世界は密室でできている。

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

本格ミステリではなく、あくまで青春エンターテイメント。 世界は密室でできているけど、その密室が限界に達して開いてしまった瞬間、世界は崩壊するんだなって。その密室をみんなで開けてあげることが大切なんだなって。思いました。

12か月前

みんな元気。

みんな元気。

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

私はかなり好きな作家さんの一人でもある舞城さんの短編集です。かなり好きな作家さんなのですが、残念です、舞城さんには私は評価が甘くなる方だと思いますが、それでもこの短編集は少し行き過ぎかと。最近新作もほとんど出版されなくなってしまっていますが、心配です。 舞城作品の中では福井県の西暁(ニシアカツキという地名、実在するか不明)の作品か、東京の調布市の作品かのほとんどどちらかを舞台にした作品ですが、今回は少し長めの表題作「みんな元気。」と、とても短いけれどこの短編集の中では私のベスト「Dead for Good」が調布作品で、いまひとつ掴みどころの無い短い作品「矢を止める五羽の梔鳥」が西暁作品です。 どの作品も舞城作品にふさわしい擬態語に溢れていて特徴あるものの、作品の中で語られるスピードが非常に速く、また速くするために説明を、描写を、省いている感じが否めません。省くことでヒロガリを持たせる事も出来るタイプの文体もありますが、舞城さんのものは私個人は違うと思ってます。ですから、彼の語りたい内容やセリフに今までの作品にはチカラを感じていたものが、非常にムナシク響きやすくなってしまっていると思います。 一見舞城作品の特徴として大きいのが、擬態語や文体なのですが(それ以外にも本当の特色として、物語の長さや、スピード、そしてキメのセリフなり、登場人物の思考のリアルさ、リアルさから醸し出される虚しさ、空虚感【村上春樹作品にも共通する高度資本主義社会に生きる事からくるどうしようもない、逃れられない閉塞感】、そしてその空虚さを認識しながらも、軽く飛び出す事の出来る身軽さを伴った覚悟など)、絶妙のバランスで成り立っていた説得力の様なモノが無くなってしまって感じました。ただ残虐さのリアリティだけでは無い何かが失われてしまって感じました。語りたいスケールはとても大きくて、しかも割合ベタなモノであるのに、ベタからくる恥ずかしさからも逃れる事の出来ていた今までの作品と比較(どうしても期待が大きいと失望も大きく、それゆえ比較せずにはいられない)してどうしてもチグハグで、スケールと物理的なページ数の少なさにも不満を感じます。テーマと長さもあまりにも無配慮ですし、少し現実離れにもチカラの無さを感じてしまう作品になってしまっていると思います。 だからこそ、残念。 それでも、短くはありますが、チカラ強い短編「Dead for Good」は一読の価値有り。 2007年 7月

1年前

山ん中の獅見朋成雄

山ん中の獅見朋成雄

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

新しい作家さんで(もう少し古い感じはしてしまいますが)、独特の文体、リズムを持った作家さんです。 かなりはっきり好き嫌いが分かれる作家さんではありますが。 舞城さん作品はどの作品も水準以上のモノが多いです。しかし、「煙か土か食い物」を読んでしまった読者からは少し刺激が少なく感じてしまう事もあるかも知れません。 しかし、それでもなお、舞城さんにしか書けない小説で、独特のリズムと擬音に更なる鋭さを増しています。ですから、中毒性が高く、最後まで一気に読めます。ただし、導入部が今までの作品より大人しく感じましたので、今までの始まってすぐの、金鎚で頭を叩かれる様な、最初からのツカミは少し弱いかも知れません。 最初に舞城さんの作品としては、どうでしょう?独特のスタイルを感じたい方は最初に「煙か土か食い物」か「熊の場所」をオススメいたします。 変わった、今までに無い物語をお求めの方に、文章のリズムに乗る事の快楽を得てみたい方にオススメいたします。 2007年 4月

1年前