51dkfn60%2bzl

祖業を離れて、陸に血路を拓いた人々の挑戦と葛藤がここにある。日立造船、名門復活への三〇〇〇日。 続き

コメント

160501読了。

わが国の老舗造船企業が、その事業からの撤退と新規分野として環境事業に取り組むまでの紆余曲折がその節目節目の出来事とともに描かれている。

読者

F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9

新刊

LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

100歳まで今の生活を維持しようとすると、今の時間の使い方やお金の使い方を考え直さないといけないと感じた。

10分前

D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f 140
宝島

宝島

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

戦争はそんな昔のことではない。 沖縄返還は、つい何年か前の事だ。私の生きている歴史の中にもそれはあるのだから。 沖縄での彼らの生活は嘆きと混乱に満ちているが、掛け合う言葉は暖かくテンポよく走っている。 沖縄の戦後を、3人いや4人の若者達の青春と共に駆け抜けた気がする。そこには、沖縄の魂があった。 オンちゃん=英雄の消えた謎を何十年もかけて追う三人。 語り部が、言葉が全て沖縄の言葉であった。漢字の横に振ってあるルビが、私も沖縄の人間の仲間に入れてくれた。 この島の魂はなんと深いものか!! 厚い本だがページ数は、気にならない。

約12時間前

96d5802b 6451 4dab abd2 12cf27d2aa1cIcon user placeholder