6120nm3mpal

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃... 続き

コメント

陽気なギャングたち…みんなカッコ良すぎ!!伊坂さんの描く人物はとても好感が持てる人達ばかりだなあ

その他のコメント

僕にとっては、伊坂幸太郎初読み作品でした。軽妙な語り口と、とぼけた味わい。会話の妙。
今では彼の新刊が出るたびに買ってしまいます。たまに、読み返しますが、初期の頃の伊坂作品は今読み返しても本当に面白いです。
わけても、これは映画みたいによくできています。

読者

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a62f74644 2d77 4649 b9b3 081373fb01e34f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b430f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbb3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa60a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2b 125人

伊坂幸太郎の本

シーソーモンスター

シーソーモンスター

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

どうしても、互いに憎みあわずにはいられない。 遺伝子レベルで刷り込まれているような『天敵』がいるとしたら、私達はどうするべきなのだろう。 バブル期と、2050年代の近未来。二つの時代を舞台に、「嫁と姑」「追う者と追われる者」の、憎み合う2組の軌跡を描いたエンタメ小説。 誰でも苦手な人というのはいるだろうが、彼らとどう関わるべきなのか、悩ましいテーマだ。 しかし、残念ながらこの作品には一つの問題点がある。 作中、話の本筋に関わらない、意図不明とすら思われるような描写がちらほらあり疑問に感じていた所、この作品は計8組の作家で作られた「螺旋プロジェクト」というものの一作であると、巻末に書かれていた。互いの作品へのリンク・関連がある、一つの作品群であるとのこと。 つまり、おそらく、同プロジェクトの他作品を読んで初めて意味が分かる要素もあるという事、らしい。 企画とはいえ、一冊で物語の世界が完成しないというのは、作品の完成度としてはどうかと思う。他の作品との統合性や同一要素の導入などをすると創作に制約があったとも思うし。 これを機に他のプロジェクト作品を読むべきかもしれないが、作者が80%の力しか出せなかった作品を8つ読むよりは、100%の作品を1つ読む方が良かった。残念。

1日前

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d933ba1798 0d39 4d3c b425 484e39459b9f 23
フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

4か月前

Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholder 167