61e5br91kel

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な"体内時計"の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は... 続き

コメント

またこの世界に入り込めると、再び高揚感が。
そして期待を裏切らない。登場人物が魅力的なところも良いですね。

読者

Icon user placeholder4850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d9215546190f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbb4eda2539 a779 4259 b0ae 761827e67725Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc6 25人

伊坂幸太郎の本

シーソーモンスター

シーソーモンスター

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

どうしても、互いに憎みあわずにはいられない。 遺伝子レベルで刷り込まれているような『天敵』がいるとしたら、私達はどうするべきなのだろう。 バブル期と、2050年代の近未来。二つの時代を舞台に、「嫁と姑」「追う者と追われる者」の、憎み合う2組の軌跡を描いたエンタメ小説。 誰でも苦手な人というのはいるだろうが、彼らとどう関わるべきなのか、悩ましいテーマだ。 しかし、残念ながらこの作品には一つの問題点がある。 作中、話の本筋に関わらない、意図不明とすら思われるような描写がちらほらあり疑問に感じていた所、この作品は計8組の作家で作られた「螺旋プロジェクト」というものの一作であると、巻末に書かれていた。互いの作品へのリンク・関連がある、一つの作品群であるとのこと。 つまり、おそらく、同プロジェクトの他作品を読んで初めて意味が分かる要素もあるという事、らしい。 企画とはいえ、一冊で物語の世界が完成しないというのは、作品の完成度としてはどうかと思う。他の作品との統合性や同一要素の導入などをすると創作に制約があったとも思うし。 これを機に他のプロジェクト作品を読むべきかもしれないが、作者が80%の力しか出せなかった作品を8つ読むよりは、100%の作品を1つ読む方が良かった。残念。

1日前

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d933ba1798 0d39 4d3c b425 484e39459b9f 23
フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

4か月前

Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholder 167