61e5br91kel

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な"体内時計"の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は... 続き

コメント

またこの世界に入り込めると、再び高揚感が。
そして期待を裏切らない。登場人物が魅力的なところも良いですね。

読者

4eda2539 a779 4259 b0ae 761827e67725Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc64c412943 1757 438d ac15 338661518ed9297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1E76cfa3d e239 4b2c ba58 a2db91f9e16c50a64c46 0ddd 4b2a ab93 31d5ca06eda3 21人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

24日前

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce480d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aD181d416 5cba 483b 89b7 217f90e75a50 85
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

3か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 20