9784041067550

『涅槃の雪』『まるまるの毬』『ごんたくれ』 時代小説の傑作を手掛けた著者が本領発揮! 人生の上がりだと思っていた隠居生活が、まさか「第二の双六」の始まり... 続き

コメント

登場人物たちに完璧な者はおらず、何かしら足りない人達だった。
そんな皆んなが寄り添い、影響しあって生きていく様子が微笑ましい。
隠居徳兵衛の2枚目のすごろくは、暖かく豊かで、涙がホロリと溢れた。

読者

Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a722f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c5797831525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 4人

西條奈加の本

雨上がり月霞む夜

雨上がり月霞む夜

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

『雨月物語』を題材とした友情物語だろうか。兎の遊戯の憎まれ口が楽しい。妖と不思議と人間が薄く交わりながら、その空気の中で『雨月物語』の話が推し進められる。連作短編集。

4か月前

まるまるの毬

まるまるの毬

D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf

ゆきこ

食べ物にまつわる本、絵本が好きで…

和菓子屋さんに行きたくなります。 時代故の切なさの中に、強さを感じる作品。

約2年前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c8654a51465 14d6 42c0 a5f8 f0d9cde19a7eEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794 12