51azjfw36pl

優しい夫に真っ白でふわふわな猫-美由紀の満ち足りた生活は、夫の溺死によりピリオドが打たれる。しかしそれは、新たなる絶望への幕開けに過ぎなかった。小説推理新... 続き

コメント

駅の中にある本屋でおすすめされていたので購入。
「あぁ、ここからの展開、こうなったらやだなぁ」という悪い予感がことごとく当たっていくような短編集。人間の日常の中にある残酷と狂気を覗き見しているようで、なんとも憂鬱になります。唯一、最後の「雪模様」は、救いのある話で、読み終わった後少し救われる思いがしました。

読者

B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 3人

永井するみの本

グラデーション

グラデーション

5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いて…

見に見えなくとも誰にも成長はあり、どんなに微かにでもグラデーションを重ねていく。 女性の描写が秀逸なのがこの作者の特徴。脇をかためる女性キャラクターにも魅力があり、いろんな角度から物語が想像できる。 「ん」で終わってしまったので、永井するみの「み」で探します。

約2年前

涙のドロップス

涙のドロップス

5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いて…

女性が女性らしくこうも自然に描けるのかとうなってしまう。 女性の細やかな本当に繊細なところまで丁寧に描かれていて、女性の仕草、気持ち、考え方が物語に反映されている秀逸な一冊。

2年前

天使などいない

天使などいない

5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いて…

女性の強さ、怖さを納得する一冊。 こういう女の人っているなって他人事には思えないところが面白い。

約3年前