51ynbxbpktl

進路が決まらず悩む美雨は、学校の屋上でひとり「未来が見えたらな…」とつぶやく。すると「未来を見てあげる」と声がして振り返ると、転校生の雨宮先輩が立っていた... 続き

コメント

読者

66eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32 3人

新刊