51844remznl

発行元から

12歳のマイロの両親が営む小さなホテル〈緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)〉。ある冬の日、5人の奇妙な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず、他の客がいることに驚いていた。なぜ雪に閉ざされたホテルにやってきたのか? 客の誰かが落としたと思しき、古い紙に描かれた海図を手がかりに彼らの目的を探ることにしたマイロ。だが客たちの謎と巻き起こる数々の事件は、ホテルに隠された秘密に繋がっていた! MWA賞受賞、ほっこりあったか聖夜の物語。

文学

笑う化石の謎

笑う化石の謎

43e632b4 ea13 4b82 879b 94153c6d2b27

koume

羊の夜をビールで洗う

題名に反して謎は化石にないけれど、ストーリーは良くも悪くもハラハラとして楽しく読み通すことが出来た。 1860年代のイギリス片田舎の風情が生き生きと描かれていて、その時代の長閑さや陰鬱な雰囲気まで感じることが出来る。 実在した人物や実際にあったエピソードも混在していて、ちょっとした知的読み物にもなっている。

約1時間前

魔法使いと刑事たちの夏

魔法使いと刑事たちの夏

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

シリーズ2作目 小山田刑事の家に家政婦として住んでいる魔法使いのマリィ 殺人事件が起こるたびに 魔法を使って犯人を自白させようとする そもそも 事件の概要を人に話す刑事ってどうよ 実際にはあり得ないし 魔法に頼る気満々って感じ

約2時間前