51844remznl

12歳のマイロの両親が営む小さなホテル〈緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)〉。ある冬の日、5人の奇妙な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず... 続き

コメント

12歳の男の子マイロは中国系の養子で、両親とうまくいっているが、本当の両親のことを知りたいと思うことに後ろめたさを感じている。

両親が営む宿屋に、それぞれ秘密を抱えた5人の客が訪れ、マイロは料理人の娘メディと、RPGのキャラクターに扮して、落し物の「海図」を解くゲームを始める。

マイロがRPGのキャラクターになることで、居心地の悪さがときほぐされていく様子がよいです。

読後感がよく、ほっこりした気持ちになれるお話です。

読者

14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e15cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 5人

文学

猫のつもりが虎

猫のつもりが虎

0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae

絵も素敵だし、話もサクッと。世の中に建築の評論が無いのは、そうよねーと気付かされた。解説が藤森照信さんなのもなんか良かった。

1日前

やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問~

やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問~

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

さえりさんの、やわらかな言葉がたくさん詰まっている本。 「未来のために今があるのではない、今の先に未来があるのだ」 思わず泣きそうになった。 何かしなくちゃ、このままではいけない、前にもっと前に進まなくちゃ、こんなはずじゃない、もっともっと何か… とこの2ヶ月ずっとどこかで焦っていたような気がする。焦っているのに、からだが思うように動かない、心が思うようについていかない。そんな毎日だったように思う。 そんな時に買ったこの本。 救われた。 「遠くを見て、それに向けて駆け抜けるだけが未来のつくり方じゃない。」 そうわたしも信じたい。

3日前

E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9fEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113