51844remznl

12歳のマイロの両親が営む小さなホテル〈緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)〉。ある冬の日、5人の奇妙な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず... 続き

コメント

12歳の男の子マイロは中国系の養子で、両親とうまくいっているが、本当の両親のことを知りたいと思うことに後ろめたさを感じている。

両親が営む宿屋に、それぞれ秘密を抱えた5人の客が訪れ、マイロは料理人の娘メディと、RPGのキャラクターに扮して、落し物の「海図」を解くゲームを始める。

マイロがRPGのキャラクターになることで、居心地の悪さがときほぐされていく様子がよいです。

読後感がよく、ほっこりした気持ちになれるお話です。

読者

14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e15cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 5人

文学

舞台

舞台

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

自意識が過剰でいつも自分を監視するように生きる葉太。読むこちらも苦しくなるけど、葉太みたいな人には楽になって欲しいと思う一方、彼みたいなひとがいるから、世界は最悪じゃないのかと。誰言われたわけではなく、自分の気持ちで景色が変わる、という西さんの言葉が良かった。2018.7

約9時間前

37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4feIcon user placeholderDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 51
紅霞後宮物語 第八幕

紅霞後宮物語 第八幕

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

これで第一部が終了だそうです。 小玉の大切なひとたちが何人も亡くなり、文林の周りがだいぶ整理された感がある終わり方でした。 最後の最後に亡くなる彼女のことは、辛いですね。いろんな人がいなくなっていった中でもとりわけ。

約10時間前

きんじよ

きんじよ

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869

Shota Takai

文学、アート、技術関連を中心に本…

京都に住んだことがあって同じぐらいの子どもがいる自分にとってはすごいリアルで生活の感じと日々の喜びを自分のことのように感じられて京都に帰りたくなった

1日前