41ed7upuasl

昭和十年、秋。笹宮惟重伯爵を父に持ち、女子学習院高等科に通う惟佐子は、親友・宇田川寿子の心中事件に疑問を抱く。冨士の樹海で陸軍士官・久慈とともに遺体となっ... 続き

コメント

会話文が上品であの頃の着物の様子、華族の生活とミステリー...よかった!

その他のコメント

主人公の笹宮惟佐子の人間味が、あるのやらないのやら、よくわからないまま終わってしまいました。昭和初頭の華族の話なので、時代劇より難解な言葉が多く、辞書をぺらぺら巡って読みました。ミステリーというより時代を感じました。

読者

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d29bae415 091d 49a3 ba64 6b75017a9b351525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Icon user placeholder0dec1bd4 f928 4f32 9801 fba4b33dfd58 5人

奥泉光の本

東京自叙伝

東京自叙伝

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

楽しめました。江戸、東京の地霊に憑依された人々が、年代順に登場して、1845年から2011年の東京を描いた小説。歴史的な事実とフィクションが混ざり合い破滅へと向かうのだけど、終わりに向かうほど、混沌としていくスピードが増して、気持ちいい。

1年前

ビビビ・ビ・バップ

ビビビ・ビ・バップ

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

もうお腹いっぱいです...読み終えた後の満腹感が尋常じゃない。SF的トピックがこれでもかと出てくる。それに奥泉光の趣味(ジャズとか落語とか二十世紀文化とか)が加わるので、もうテンヤワンヤのお祭り騒ぎである。 コンピュータと人間の対立はいつか現実世界でも起こりそうである。そんな時に生き残るにはどうしたら良いか、考えるきっかけになる本。と書けば真面目な小説な感じがするが全くそんなことないので、このお祭りを思う存分楽しみましょう。 『鳥類学者のファンタジア』との関連が深いので、先に『鳥類学者の〜』を読んだ方が楽しめると思います。 中身には関係ないけど、この本、厚さの割にとても軽い。最近の技術はスゴイですね。

2年前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3Ef4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408
シューマンの指

シューマンの指

F1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f9

莉美

読書が好き

最後の妹の手紙で一気にぐらりとなりました。今まで読んでいたものはなんだったのか… 2016/10/26

2年前

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 10
鳥類学者のファンタジア

鳥類学者のファンタジア

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

これはジャズだ。小説でジャズを演奏することは可能だったのだ。 特徴的な文体さえ身体に合えば、あとはただひたすら引き込まれていくばかりである。しかしこの文体によってジャズの前にクうようなリズムが表現されている。そしてスウィングによって物語の細部をしっかりと見せながら、見せ場では言葉の奔流によってソロのように畳み掛けるのだ。 ストーリーは壮大です。もうそれはすごいくらい。

2年前

17285b5f f515 4e72 9e52 de9bec56a0efCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d29218439daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e