51kytyhvj1l

コメント

その他のコメント

肝心な事は表現しない。浮き彫りみたいな小説。とりとめないけど、表現が綺麗ではっとさせられる。著者は「底」が好きなんだな。

漂う雪国のキンとした空気と端正な美しさ。日本人らしい婉曲な叙情表現がいい。

最初の一文しか知らない人は、ぜひ二文目を知ってほしい。トンネルの先に見えたのは日の光に輝く白銀の世界ではないのだから...。

読者

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5A6adc4a9 74db 4f2f bd2d 0647f9434d502f38f486 1ec2 4ed9 b664 2f4349d5f10f91050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fc0b6509b4 d20b 443f 922f cad8fd8fcbc8C722804d 59f6 4ff7 bab0 1f332dba7df0A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4a5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 45人

川端康成の本

山の音

山の音

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりた…

長編というより連作短編のような構成なのでわりと読みやすかった。四季折々の描写や能面の話、京都・剽亭の温泉卵などの描写が美しい。

4か月前

Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc29e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

約1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10
掌の小説

掌の小説

F6d6cf63 0cdf 4224 af5f e4b71a2c3e78

いちぎょう

読みたい本が次々増えて困る。

超短編。 短いけど奥行きは深い。 長い映画の一場面を切り取ったみたいで、描かれていない前後のあれこれを妄想させられる。

1年前

C722804d 59f6 4ff7 bab0 1f332dba7df0A5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c421642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 12