31wlmccszkl

コメント

新書の形をしていますが、物語です。
作者がクラフト・エヴィング商會名義で作った『クラウド・コレクター』はお気に入りの一冊で、なんとなく繋がりを感じて購入。そのことについては、あとがきに色々書いてありました。
物語です。たくさんのエッセンスが散りばめられた寓話のようなファンタジーです。ありそうで実在しない街に住む、いそうでいない一風変わった男が主人公です。シンプルすぎるほどにシンプルな暮らしは、どこかに寂しさを感じます。その寂しさは馴染みのある寂しさというか…なんというか愛おしい寂しさです。たぶんそれは、物語の風景がシンプルで丁寧で、しかし一瞬のものであるという切なさに寄るのではないかと思っています。
私はこういう物語がとても好きです。
読み終わった後の静けさが好きです。

0139
2019/09/04読了
3編のやさしい物語。架空の町に暮らすぼくの日常。
「人生」気になるなあ。バリカンも好き。ジュットクは胡散臭いけどエピソードが切ない。
この世界観に浸るの好きかも。他のお話も読んでみたい。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cC70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04Ca7fad3e 108a 4373 bb96 767e6a9ad9173758a284 56fe 47a8 aa04 9a7f698964baF9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba589c465e fab1 4512 8b45 316883084f6108a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 12人

吉田篤弘の本

月とコーヒー

月とコーヒー

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

夜寝る前に読んでほしい作品だそうです。24編の短編です。 チョット眠たくなるくらいに、話がホンワリ終わる。 感情を激しく揺すぶられることもなく。ああ、これで終わりなんダァ。と思って、次のお話へ。 こころ安らかになること請け合います。 題名がとてもいい。人生のチョットした彩りです。

2か月前

E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11eIcon user placeholder7c1dc9c5 4e7b 4e9c b2da 83d8eaeda652 26
おやすみ、東京

おやすみ、東京

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

深夜1時に、さまざまな人のもとに些細なできごとが起こり、そしていつの間にか皆がつながってゆく。東京だったらこういうことも起こるのかなあ、でも(私の住む街は人が少ないからともかく)あれだけ人が多いとそうは起こらないよなあ…と思いつつ、ではどこに話が収束して終わるのかなあ…と、ここちよい困惑が楽しかったところです。 1度に読まないと、この登場人物って何をしてる人なのか、わからなくなりますね。それより著者としては、「その情報は、作中世界の理解に重要じゃない」と思ってるからこそ、そのあたりを伺わせることまでほとんど明記していない。その気持ちはわからなくはないものの、私には人の区別がつかなくなってしまうんです(特に女性陣)、おおよその年齢すら全くわからないと…。

9か月前

9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842cF5fa4a1e 794c 4d04 b989 47afc9e23379
パロール・ジュレと魔法の冒険

パロール・ジュレと魔法の冒険

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

魔法、冒険から浮かぶファンタジー世界を想像して頁を開くといきなり裏切られて思わずニヤッとしてしまう。 登場人物、物、街、空気…すべてが欠かせないのだと読み終えてわかる。 吉田さんに操られた言葉、声は美しい。 煌めいた鮮やかさではなく、少しだけ寒い冬の明け方の様な世界。 パロールジュレがたくさん見つかりそうな…。

10か月前

8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8825cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d