31wlmccszkl

コメント

新書の形をしていますが、物語です。
作者がクラフト・エヴィング商會名義で作った『クラウド・コレクター』はお気に入りの一冊で、なんとなく繋がりを感じて購入。そのことについては、あとがきに色々書いてありました。
物語です。たくさんのエッセンスが散りばめられた寓話のようなファンタジーです。ありそうで実在しない街に住む、いそうでいない一風変わった男が主人公です。シンプルすぎるほどにシンプルな暮らしは、どこかに寂しさを感じます。その寂しさは馴染みのある寂しさというか…なんというか愛おしい寂しさです。たぶんそれは、物語の風景がシンプルで丁寧で、しかし一瞬のものであるという切なさに寄るのではないかと思っています。
私はこういう物語がとても好きです。
読み終わった後の静けさが好きです。

読者

F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba589c465e fab1 4512 8b45 316883084f6108a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a098bac1b8c 8465 4db1 b90f fd7bb37bcff9F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd882 9人

吉田篤弘の本

パロール・ジュレと魔法の冒険

パロール・ジュレと魔法の冒険

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

魔法、冒険から浮かぶファンタジー世界を想像して頁を開くといきなり裏切られて思わずニヤッとしてしまう。 登場人物、物、街、空気…すべてが欠かせないのだと読み終えてわかる。 吉田さんに操られた言葉、声は美しい。 煌めいた鮮やかさではなく、少しだけ寒い冬の明け方の様な世界。 パロールジュレがたくさん見つかりそうな…。

30日前

8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8825cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d
ブランケット・ブルームの星型乗車券

ブランケット・ブルームの星型乗車券

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

今年の春くらいに読んだ本。 風変わりで魅力的な街と人々。風変わりなのにどうしてかホッと安心してしまう世界。 寒くなってきたからまた読み直すのもいいかも。

約1か月前

871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 15