41f9 6krhbl

『2011年 新聞・テレビ消滅』!?では、本はどうなる!?キンドルに続き、アップルiPad登場。それは、本の世界の何を変えるのか?電子書籍先進国アメリカの... 続き

コメント

本好きを、本屋好きにさせる本。この本で、千駄木の往来堂書店を知りました。文脈棚を知りました。好きな本屋さんがたくさん出来ました。いまは、本屋好きな人好きになりました。
ただ、本が好きとか、紙の本がいいとか、リアル書店がいいとか、言ってるんじゃなくて。ただの本好きとしても、知っておかなきゃいけないこと、考えなければならないことがあるんだなぁ、と初めて知らされました。ちなみに、この本は学生の頃にディスカバーさんの面接に行ったときに教えてもらいました。出版に興味あるなら読んでおきなさいよ、って。結局、最終面接で落ちました。
当時まったく意識しなかった、というか今の今までなんとも思わなかったけど、このアプリで表紙の写真をサムネで見ると、この表紙おもしろいなー!ってなるね。

その他のコメント

電子書籍元年と呼ばれた2010年。
そのキャッチコピーを世に知らしめた一冊と言っても過言ではない本。

今となっては、まあ分かりきった話が多いが、電子書籍の世界を知る上において、教科書的といって差し支えない一冊。

読者

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

佐々木俊尚の本

広く弱くつながって生きる

広く弱くつながって生きる

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

人生100年時代の処方術。家庭、職場とは別の第三の場所(サードプレイス)を作っていこうよ、広く弱いつながりを、新しい働きの場につなげていこうよという一冊。さいきんサードプレイスという言葉をやたらに良く聞くようになってきたね。 狭く強いつながり(家族、会社、友人)は、結びつきが強い反面、利害関係や、過去のさまざまなしがらみが出てくるため、新しく何かを始めるときには意外に面倒だったりもする。特にお金が絡むことは必ずしも成功するとは限らないしね。 その点、広く弱いつながり、ちょっとした知り合い、友人の友人、昔の友人、などは、逆にしがらみが無い分、行動に移しやすい。 つまるところは、人との縁は大切にしようねということ。 広く弱いつながりは、昔は連絡が途絶えれば縁も切れてしまい、維持していくのが難しかったのだけれども、SNS(Facebook、Twitter、LINE)の普及により、関係を保つことが容易になった。この点は、良い時代になったものだよね。せっかくならこのつながりは活かしたい。

3か月前

Icon user placeholderF62a482c 28ff 49eb 8937 36fd60cec397
新しいメディアの教科書

新しいメディアの教科書

74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b48

Chiiro★

本は心の友!インドア会社員です。

最新のメディアの動向について。 SNSや広告に携わる人間としては知っておきたいところ。 短めなのでサクサク読めた。

約1年前

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

ノスタルジーやマテリアルに傾きがちな団地本に於いて(好きだけど)生活の場としての団地に心地よさを感じるのはほとんどの執筆が女性だからか?短編「向かい合わせの二つの部屋」松田青子に描かれるゆるやかな地域共同体としてのこれからの団地の姿を見た。読了後「エイリアンズ」を口ずさむ。8篇の団地アンソロジー。

1年前

F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0Icon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 16