51ajg6hk5jl

平成版『砂の器』、連続ドラマ化! 警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」... 続き

コメント

食の安全をめぐる警察小説。読んだらとまらなくなる。

ただ食べ物対する不信は、ずっと持ったままになるかも。

その他のコメント

食肉偽装問題と、それを取り巻く闇社会。読み応えありです。

読者

7f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91fE101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afdD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c145d2701 c751 4869 87b5 b99f8cc0c8146bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfa733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 22人

相場英雄の本

共震

共震

8165284f 4c81 455d 9213 56f285858dea

Kotaro

hello

FM802の紹介が元で知った。3.11を舞台にしたミステリー。風景描写が緻密でそこはノンフィクションのよう。最後のオチが感動的だった。

1年前

ガラパゴス 上

ガラパゴス 上

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

ミステリ仕立てだけど、どちらかというと社会問題告発の書。 未解決事件の追跡調査をしている窓際刑事が自殺として処理された男の死を他殺と見抜く。 この刑事のまさに地を這うような地道な捜査から、男が派遣労働者として工場を転々としていたことがわかり、殺人動機を追求するうちに巨悪の存在に行き当たる、というもの。いっとき派遣労働者の過酷な状況が大きく取り上げられ社会問題となったがその文脈のなかにある作品。正直息苦しくなるような話だが窓際に追いやられている地道な刑事が巨悪を突き止めるカタルシスで救われる。 個人的には第一志望の一流企業〜品川にあるソラー電子(笑)〜を人に譲って学校から推薦を受けられなくなったから派遣労働者になる、というのは極端な気がして引っかかったのと、悪の人材派遣会社がパーソナルってそれ大丈夫なのか、という点が気になった。口入屋が社会的地位を持ってる国っていうのは変だと強く思うけど。

1年前

Be0069f7 ce86 43a9 a757 5ffc8d686da1F9f57831 4934 47f1 aab9 89502073ed8d18511618 542e 424f a9c0 020484758922
クランクイン

クランクイン

10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

今年一番泣いたかもしれない。 映画作りの裏側を描くお仕事小説でありながら、家族のことをいろいろと考えさせられる家族小説でもあり。 クライマックスは、本当、気付いたら完全に物語の世界に吸い込まれていて、勝手に涙がボロボロボロボロこぼれていました。。。 いやー、面白かった!!!

約2年前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7 8
ガラパゴス 下

ガラパゴス 下

18511618 542e 424f a9c0 020484758922

ちゃこふ

猫が好きです。二匹飼ってます

普通に働き、普通にメシを食って、普通に家族と過ごす。こんな当たり前のことが難しくなった世の中って、どこか狂っていないか?

2年前