41xfzxreodl

1954年、イギリスの名門パブリック・スクールで学ぶ14歳の気弱な少年ジョナサンは、同級生ばかりか教師にまでいじめられ、つらい日々を送っていた。しかしある... 続き

コメント

長いわりにサクッと読めます。坂を転がり落ちていくように全てが崩落していくお話。ちょっとした行動に現れる心理描写に気づいた時の身震いがすごいです。

イギリスの全寮制男子校で起こる不可解な連続事件。登場人物の心の動きがとても繊細に描写されていて、圧巻だった。

単行本の出版から数十年、漸く文庫本での復刊。様々な人物の思惑や思想が全寮制の学校で複雑に絡み合い、恐ろしい結末へ。

600Pで史上最強ヤンデレ美少年の嘆かわしい短い一生を描かれた…映画化所望!

イギリスの名門パブリックスクールで過去に起こった複数の生徒たちの死亡事件。その真相を探ろうとする記者が、事件にかかわる男性の元を訪れるところから物語ははじまります。
背表紙の説明や、物語のはじまり方からミステリーだと思って読みはじめると、辻褄のあわなさが気になってしかたなくなっちゃいますのでご注意!ミステリーではありませんから。

厳格だった時代のパブリックスクールという舞台設定や、少年たちの繊細な心理の描き方、同級生たちの近すぎる関係。
萩尾望都先生の描く少年たちを思い浮かべながら、読んでしまうことうけあいです。エドガーとかアランとか。少年たちが過ごすイギリス各地の風景描写がなにげに美しい。

先生に目の敵にされている少年、ジョナサンを優秀だけど孤独なリチャードが救い、ジョナサンを痛めつける同級生から彼を守るようすは、まさしく萌え展開でトキめいてしまいますが、その後、その関係性は変容していきます。

読み終わったあとで、これは二次創作系ありそうだなと思ってpixivで検索してみたら、思ったとおりで、二度、楽しめました。

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d85c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd82aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7727bbc23 80af 4bab 814b 0ad65098465f8e6928b8 5624 4d7d adc2 e2b4486db5ec19417329 4e84 446d b72e 809e2c04caaeCc131137 6c75 4a32 93ba 0d561397db9b 10人

文庫

代替医療解剖

代替医療解剖

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

興味深い人たちとの宴席でこの作者(サイモン・シン)のことを知り興味を持ったので手にとってみた。自分は理系コンプレックスがあるのでそういうきっかけでもないと手に取らなかったであろうサイエンス・ライターがいわゆる代替医療に切り込んだ本。詳しく取り上げられているのは鍼、ホメオパシー、カイロプラクティック、ハーブ療法、で付録として同じ手法でいくつかの代替医療も評価されている。いわゆる通常の医療が科学的な手法で様々に検証された結果であるのに対し言わば野放しの代替医療を同じく科学的なアプローチで評価していくわけだが予想どおり殆どが否定的な結論に落ち着く。作者はかなりの手練れで理系コンプレックスの自分にもかなり分かりやすくまとめられていた。何を言われようが信念変えない人には向かないだろうけどいろんな情報が氾濫している現在、一読すべき作品と思いました。面白かった。

約2時間前

89124c62 4100 4a49 8e64 7ddc1784e1df7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7
体は全部知っている

体は全部知っている

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

短編が多くて、少しずつ読み進めるのに丁度いい本だった。それでいて印象の浅い話は無いのも良い。登場人物は皆必ず希望みたいなものを持っていて、芯が強い人達の様に感じた。とっても好きな本。

約8時間前

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622Icon user placeholder 13
愚者のエンドロール

愚者のエンドロール

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズの二作目。 文化祭で上演予定の、未完となったミステリ映画の結末を予想するという、「正解のない」問題に挑まされる奉太郎のお話。 女帝と真の黒幕の暗躍を楽しむ巻。かな、、 バークリーの『毒入りチョコレート事件』のインスパイア作品な訳だけど、ネタがマニアックで、スニーカー文庫(当時)でよくこれ出したなという印象。

約13時間前

Icon user placeholderFdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d2070 41