Btn appstore Btn googleplay
41gvy9%2b3mnl

村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になっ... 続き

コメント

思春期の残酷性が他人事にとても思えず痛みとともに突き刺さる。展開は理想論かもしれないが、こんな先生がいてくれたら踏みとどまることもあるだろうなと思わせる説得力がある。

その他のコメント

滑稽には思っても疑いはなく西を向いて座っていた私に村内先生が必要なのかはわかりませんが、きっと世の中には村内先生が絶対に一人は必要なのだと思います。
本気の言葉は、本気で聞かなきゃいけない。正しいことはときどき間違っていたりするけど、たいせつなものは、いつだってたいせつ。

吃音についての理解がより進む。

読者

E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72832f9d5d 684a 4eaf 9584 b526ed318f58Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder3d889e46 86fd 4cc0 8acb 2f52d620b0d4 75人

重松清の本

ひこばえ 上

ひこばえ 上

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e

たつや

好きな言葉

おじいちゃんの納骨の時にお墓の下に骨壺を収納するスペースがあることをはじめて知った。55歳の主人公が、離婚して絶縁状態の記憶にない父親をたどる物語。

3か月前

とんび

とんび

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

 昔ながらの昭和の親父、ヤスさんとその一人息子アキラの親子の絆を描いた物語。  運送業のヤスさんは美佐子さんと結ばれ、息子のアキラも生まれ、幸せの絶頂だった。しかし、不幸な偶然が重なり、美佐子さんは命を落としてしまう。ヤスさんはそのことを後悔しつつも周囲の人々に助けられながら、アキラを育てていく・・・という話。    読んでいくうちに、不器用でも、無茶苦茶でも、息子を誰よりも大切にするヤスさんのファンになっている自分がいた。だからこそ、物語の終盤で登場する、アキラが書いた作文「嘘と真実について」は、涙なしに読むことはできない。 「ほんとうにたいせつな真実というものは、父と過ごしてきた日々にあったのかもしれない」  親子の関係を大切にしようと思わせる、本当に良い話だった。また、この本を読み終えた後、表紙を見ると泣けてくる。

3か月前

さすらい猫ノアの伝説

さすらい猫ノアの伝説

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

小学校の教科書のような物語。 国語、道徳 懐かしい気持ちと、ワクワクする気持ち そういう不思議な猫に もしかしたら、支えられてきたのかなぁ。

7か月前

Icon user placeholder654fdf0b 3225 4ba7 9a93 7aa341864db215cc0f72 f7bb 4035 911e 724d99656147