51fuf8he2wl

櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、... 続き

コメント

友達もガールフレンドもいるのに、誰にも核心に近づけない主人公のひりひりとした感情がすごく切ない。

主人公のやるせない怒りと、母と妹を守らなければいけないと言う、責任感から沸いてくる殺意、その切なさがひしひしと伝わってくる内容でした。

主人公の怒りや葛藤が読んでいて辛かった。そして最後は凄く切ない。それほどミステリーは好きではないのですが、この本に出会えて良かったです。

★★★☆☆
まだ高校生なのに、家族を守るために必死で、、何だか切なかったな。

お酒といいガールフレンドへの対応といいどこか大人びた少年が主人公。海を中心とした爽やかな描写が、少年の不安定な心情を一層際立てていたな、と感じる。

初めて出会った、全く救いのない物語でした。14の頃、なんとも言葉に出来ない衝撃をくらい、読了後数日間、頭の中には毎日哀しい哀しい哀しい哀しい、そんな気持ちが回っていました。もう10年以上たった今でも、うまく言葉には出来ません。

家族を守るために必死で、それで誰も幸せになれない結末という…読んでて苦しくなりますが、たまに読み返してみたくなる作品です。

罪を犯したからには償わなければならない。でも、なぜその罪を犯したのかを考えるとやるせない気持ちになる。
最後まで主人公は自分のことを考えられなかったのが悲しい。

読者

4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58E74483c3 b659 4257 ba23 3033ac129c682174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52Debdc81b 494e 423b 9edf 8bc8af576e118f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf55340959 53c0 4fb5 a306 e49c9f3e075556758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a 59人

貴志祐介の本

悪の教典〈下〉

悪の教典〈下〉

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

ハスミンいいね。 このあきらめない姿勢がいい。 自分一人で解決しようとする姿勢に感動を覚える。

1年前

7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aCaaec9f1 fc31 433b 86c7 bd7b887b88656d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74 53
悪の教典〈上〉

悪の教典〈上〉

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

新世界よりが、とっても良かったので読んでみました。 なるほど、おもしろいかも。 下巻が楽しみです。

1年前

31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aCaaec9f1 fc31 433b 86c7 bd7b887b8865 65
鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年12冊目。開けっ放しの扉とか、ガタついているドアとか、そういうの見ると、榎本さんに侵入されちゃいそう…。って思うようになりました。/ 201801

1年前

Da69240f 20b1 4405 89b6 e5f64e83855e0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 13