51i9deo4c2l

松浦武四郎は、足かけ14年、6回にわたってアイヌモシリを踏破する。そこには、豊かな大地に生きる人びとの固有の文化がいきづいていた。アイヌ民族との出会いのド... 続き

コメント

「北海道」の名付け親とされる松浦武四郎の足跡。松前藩に虐げられていたアイヌ民族の実状を詳細に記録。

忘れっぽいから細部は忘れてしまうのですが「フィールドワーカー」のあるべき姿(情熱と誠実)があり、それを大切に思っている自分にとって、大切な一冊です。

同タイトルの池澤夏樹さんの著作も合わせておすすめです。

読者

7efe10d1 ef37 4139 85e9 77157da24d43

花崎皋平の本

アイデンティティと共生の哲学

アイデンティティと共生の哲学

Eys9itgb normal

忘日

心地よいものを纏っていたいよねー…

現存の民主主義は敵の法。 押し付け奪い去る勝利者の為の法。 偏在するその普遍を超越する概念の実現。 その方法論を説く。 秀逸。

4年前