41yf233rf4l

感情をすぐに顔に出してしまう人がいるのに、感情を隠すのがうまい人がいるのはなぜ?本音は顔に出やすいが、人間は顔の表情をコントロールすることもできる。感情と... 続き

コメント

人の感情がわかる本

嘘を見抜くプロとして名高く、FBIやCIAでもどうすれば嘘を見抜けるかを教えることで有名なポール・エクマン。そんな彼が書いたベストセラーである『顔は口ほどに嘘をつく』をやっと読了しました。
日本語のタイトルだと、あまりおもしろくないし勘違いしやすいし、「顔」と「嘘」が赤い文字で書かれています。しかし、この本のテーマは嘘とか嘘を見抜く方法ではなく、「感情」と「表情」です。今まで感情についてあまり深く考えたことがありませんでしたが、この本を機に、とても考えさせられました。なぜかというと、エクマン氏が本の中でよく問いかけているからです。もちろん、問いだけではなく、科学的な根拠に基づいた答えをも提示してくれています。

感情について言及している、心に響いた文章を以下に紹介します。
「言葉は感情ではない。感情を表しているだけにすぎない。言葉に惑わされて、感情について誤解しないよう気をつける必要がある」という文章です!どうですか?奥深くないですか?それとも僕だけ?

そして、感情というのはどういうモノなのかだけではありません。その感情がどのように顔に現れるのか、どんな顔の筋肉で作られるのかが詳細に書かれています。しかも写真付きです。

もちろん、一回読んだだけで、相手の心が読めるようになるわけではないんです。しかし、友達や恋人や他の人達とのコミュニケーションがもっとスムーズになるかと思います。読む価値が大いにあります。

読者

C9aac18d d852 4af4 8d36 bceac3897d4eIcon user placeholderCf248add b65b 40bb bb87 8a83c2aed40eE0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc5F96964de 99c8 43b1 82a0 19448e127ada 5人

人文

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

グーグル、Facebook、楽天、これらは全て利用する者が増えるほどコンテンツが充実し、より多くの人を引きつけるプラットフォームビジネスです。 普段、何気なくブログを読んだり、検索したり、プラットフォームに参加しています。ともすると、時間を浪費してしまって、困るな〜て考える時があるくらい。 でも、これらのサービスには哲学や理念があって、ちょっと昔には存在しなかった、革命のようなものです。 今では誰もが発信することができる、コメントやレビューなどで反応することができる、それが流行やニュースを作っていく。 遠くの距離にいる人と、繋がることができる。 そんな不思議なことが、現実に起こっているんです!! わたしがステキだなぁと思ったのは、 "人と人が繋がって"、変化を生み出していくところ。 決して一方的ではなくて、"インタラクティブ(双方向)"のコミュニケーションがそこには存在します。 ひとの息づかい、気持ちの揺れ動きをより感じることができる、それが波紋のように広がっていく…。とっても繊細で、ダイナミックなことを、技術やしくみが可能にしてくれます。 わたしは人の想いやこころが動くことが、大好きです。だから、 プラットフォームへの愛着が、すごく沸いてきた一冊です。

約3時間前

2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholder 10
30日で人生を変える 「続ける」習慣

30日で人生を変える 「続ける」習慣

43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb14

umeshu

紙でもkindleでもオーディオ…

新しい習慣を身に付けたい人に超オススメです。実践方法と実例も分かりやすく書いてくれています。私はとりあえず早起きを身に付ける為現在実践中です。

3日前

Icon user placeholder9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464Icon user placeholder
続ける力 人の価値は、努力の量によって決まる

続ける力 人の価値は、努力の量によって決まる

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bb

Katsuya Shiratori

こんにちは!

若田さんが努力の末になるべくして宇宙飛行士になられたということが分かる。 「王道」というものがあるなら、それを地で行く形で、目標を定め、自分が納得がゆくまで努力し、時に大胆に挑戦し、時に軌道修正し、そして最後には結果を残すのだ。 その人生哲学に本当に敬服する。 少しでも真似していきたいと思う。 以下は心に留めておきたいこと。 自分自身にできるのは、前に進むか、留まるか、後退するかの三つだけだ。 徹底的に準備して本番に臨む。 自分の行動や発言には責任を持つ。説明責任を果たす。 良いことも悪いことも、周りの自分への評価として真摯に受け止め、参考にしなければならない。 自分に"いまできること"を確実かつ直ちにやるようにしている。「やる」と決めたら、なんとしてもやり抜く。 何より大事なことは、自分が情熱を注げる対象を見つけることだ。そしてそれが、自分の「できること」からかけ離れていないことも重要だ 「これは無理だな」と思ったら、嘘をついたり、ごまかしたりはしない。きちんと理由を言ってギブアップする。 語学習得はとにかく、聞いて、話して、読んで、書いて、使いこなす。これの繰り返ししかないのだ。

4日前

08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348ea12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0 11