41yf233rf4l

発行元から

感情をすぐに顔に出してしまう人がいるのに、感情を隠すのがうまい人がいるのはなぜ?本音は顔に出やすいが、人間は顔の表情をコントロールすることもできる。感情とその表現研究の第一人者が、相手の本当の感情を読み、自分の嘘や感情をコントロールする技術を指南する、画期的な本。

目次

1章 文化と感情
2章 人はどんなとき感情的になるか?3章 どうすれば感情的にならなくてすむか?
4章 感情的になるとどんなことが起こるか?
5章 悲しみと苦悩
6章 怒り
7章 驚きと恐怖
8章 嫌悪と軽蔑
9章 楽しい感情
おわりに 感情とともに生きる

人文

新装版 なぜ人間には宗教が必要なのか

新装版 なぜ人間には宗教が必要なのか

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

インドに行って真剣に祈ってる人をみて、信じるってなんだろうって思ったのがこの本を読み始めたきっかけ。また、キリスト教の聖書を信じてる人も俺には嘘くさくて信じられない。信じるものは救われるらしい。信じることがそのまま救いになる。信じさせて頂いたことが、他ならぬ救いの証し。イスラムやキリストの人達は死後にそんなに天国へ行きたいの?味方が悪いことしてたらその味方にならない。まっとうに生きる。うさぎとカメの話は、亀に問題がある。うさぎの横を通り過ぎる時になぜ兎を起こさなさなかったのか?競走だからといって見捨てていいわけがない。それを気づかせてくれるのが宗教。みんなが幸せにならないといけない。宗教が理想。それを基準にして善悪を決めればいい。この世の中は出たら目。規則はない。仏さまなどにかかっている。わからないことが、分からないことだとわかる。健康がいいとか病気が悪いとか、俺らの物差しで決めている。病気を神様は与えてくださった。宗教は道徳。でも病気になって、神様の授けものだと思って抵抗しないのも良くない。ちゃんと薬を飲んで、摂生しなければならない。幸せな病人になる。焦って治そうとする必要も無い。

約6時間前

エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える

エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

原作も読んでないし、アニメも見てないけれども、アニメ史上まれに見る実験魂が炸裂して、それが大滑りしたという話は聞いていた。それを大真面目に分析哲学の手法で解読したのがこれ。 やっぱ俺がやらなきゃ始まらんのか?という著者らしい動機から繰り出される犀利な分析はさすが。原作の各巻を踏まえた章タイトルに、もちろんタイトルに見合う分析を加えてはさらなる考察を積み重ねて、最後にはアニメ同様に循環させてしまうという仕掛けもいつも通りの周到さというか遊び心というか、サブカルをまじめに分析し尽くせばきちんと学問になり得るし(そうなの?)、重箱の隅をつつくようなディテールの集積にこそ神が宿るのだなあと半ば呆れつつ半ば感動しつつ。

約22時間前

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bb24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adba