41yf233rf4l

感情をすぐに顔に出してしまう人がいるのに、感情を隠すのがうまい人がいるのはなぜ?本音は顔に出やすいが、人間は顔の表情をコントロールすることもできる。感情と... 続き

コメント

人の感情がわかる本

嘘を見抜くプロとして名高く、FBIやCIAでもどうすれば嘘を見抜けるかを教えることで有名なポール・エクマン。そんな彼が書いたベストセラーである『顔は口ほどに嘘をつく』をやっと読了しました。
日本語のタイトルだと、あまりおもしろくないし勘違いしやすいし、「顔」と「嘘」が赤い文字で書かれています。しかし、この本のテーマは嘘とか嘘を見抜く方法ではなく、「感情」と「表情」です。今まで感情についてあまり深く考えたことがありませんでしたが、この本を機に、とても考えさせられました。なぜかというと、エクマン氏が本の中でよく問いかけているからです。もちろん、問いだけではなく、科学的な根拠に基づいた答えをも提示してくれています。

感情について言及している、心に響いた文章を以下に紹介します。
「言葉は感情ではない。感情を表しているだけにすぎない。言葉に惑わされて、感情について誤解しないよう気をつける必要がある」という文章です!どうですか?奥深くないですか?それとも僕だけ?

そして、感情というのはどういうモノなのかだけではありません。その感情がどのように顔に現れるのか、どんな顔の筋肉で作られるのかが詳細に書かれています。しかも写真付きです。

もちろん、一回読んだだけで、相手の心が読めるようになるわけではないんです。しかし、友達や恋人や他の人達とのコミュニケーションがもっとスムーズになるかと思います。読む価値が大いにあります。

読者

C9aac18d d852 4af4 8d36 bceac3897d4eIcon user placeholderCf248add b65b 40bb bb87 8a83c2aed40eE0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc5F96964de 99c8 43b1 82a0 19448e127ada 5人

人文

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

「太陽だって泣いてもいいし、怒ってもいい」 この言葉が、とくに好きだ。 人間だから、不安になったり悩んだり、怖くなったり、いろんな感情があるのが当たり前。 悪いことでなくて、それがリアルだって受け入れて、ちょっと不調な自分を認めてあげると、楽になる。 それから、半径5mをしあわせにすること。身の回りには、何があるかな? 大切にしてるモノやコトって、とってもシンプルなものなんじゃないかな? それが、核みたいなもので、自分らしさの素なんじゃないかな? 好きな例えに、「カルピスの原液のような人生」がある。 インフルエンサーは、カルピスの原液。 メディアはそれを薄めて、報道する。 カルピスの原液があれば、いくらでもカルピスを作ることができる。 大切にしているモノやコトって、カルピスの原液だな〜て思った。 それから、大さんのことばも、カルピスの原液に限りなく近いきがした。 カルピスの原液ってどんなモノか、気にならないですか?

5日前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387481ab4aa de91 4363 8b81 7adc7c2ffb1eCfa81b33 ebfb 44b5 b57c 25306bd0eea3