51jmnqlhjyl

箱根駅伝を走りたい-そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十人の個性あふれるメンバーが、長距離... 続き

コメント

三浦しをんの真骨頂です。題材と書き手のハートフルさが物語を加速しますよ!

その他のコメント

真剣に生きている人間の姿は美しいなと感じました。
箱根駅伝をこれまでとは違った視点で見ることができると思います。

読みながら、竹青荘の個性豊かな9人の側で、いっしょに箱根の頂点を目指す感覚になっていた。次のページを早く読みたくて、気づいたら夜更けに。
徹夜本というコピーに同感。

読者

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb9042a79741 e586 420f a17a db0551af35f5Icon user placeholder1ce83c50 8314 4e7d b486 b04e598a04db8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba51719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e49488630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 130人

三浦しをんの本

舟を編む

舟を編む

6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

いい話だった。 一生懸命打ち込めるものがある幸せ、それを理解してくれる仲間がいる幸せを感じた。

8か月前

8a7383c6 b64b 4ebe 964f 5de6e05495ab890fefef 36cd 4234 9708 4b7deb744ec9Icon user placeholder 346
ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

10か月前

Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a9B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b14225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a 67