51ujc1w1g l

ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2015 1位!(エッセイノンフィクション部門)『時をかけるゆとり』に続く、待望の第二弾。「別冊文藝春秋」「... 続き

コメント

荘厳な装丁に騙されるな。重みのある箔押しのハードカバーと裏腹に、中身はひたすらくだらな楽しい1冊。(帯に書かれていることが全て)

朝井リョウの小説はそんなに好きじゃないけど、エッセイは好きなんだよな。なんでだろう、なんならアンアンの連載も読んでる(早く単行本化してほしい)。前作の「時をかけるゆとり」におとらぬくだらなさ。実にゆるく楽しめた。若干、今回の方があざとさを多少感じたかも(まあそれが持ち味でもあるけど)

この人のエッセイの凄いところは、たまーーにじんわりくるものが入ってるところ。
実に絶妙なバランスだと思う。今回でいえば「子どもにとっての言葉」。良いこと書いてるから、子どもと接する大人もこれから接する子どもたちもみんな読んだ方がいい。「夏裁判」もとても朝井リョウらしい視点で風刺してて面白い。持ち味爆裂。

しかし柚木麻子との結婚式余興話は腹抱えて笑った。頭の良い人が本気でバカをやると最高に楽しくなるという実例。私そういうの大好きなんだよな〜

久しぶりにめっちゃ笑った。エッセイ集ってどちらかと言えば苦手だったんだけど、この一冊のおかげで好きになった。レンタル彼氏が最強すぎるのと、ビールかけの下りが好き。仕事の合間に踊り出し、また真顔で作業に戻ることに共感している。

読者

49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf963cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c6116f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c343817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacBd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b210be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783 44人

朝井リョウの本

世にも奇妙な君物語

世にも奇妙な君物語

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

これ、すぐに映像化できるのでは。全ての話がまさに奇妙な物語で、短編だけどちゃんと付箋回収されていて、スッキリとゾワっの繰り返し。ホラーは苦手だけどパラレルとリアルの狭間みたいな、絶妙な感じが好きな方はぜひ。

6か月前

83795311 5f0e 4f67 8788 7739420a7d01Icon user placeholder9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d 68