51gznarjuhl

コメント

ルグィンの長い創作活動を横断するような短篇集。のちに長篇に発展した作品も。一作ごとに自由な異世界を楽しめます。タイトルが格好いいですね。

その他のコメント

『闇の左手』の姉妹編収録。

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f415fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac1f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0F07068b8 625e 46be a6db d005b940bd2e47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a 10人

アーシュラ・K・ル・グィンの本

闇の左手

闇の左手

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

氷の惑星にひとり派遣された使節の男。はじめ国賓として迎えられ、やがて逃亡者の身に。異文化接触の旅というべき物語。人類学的SFといわれるルグウィンの惑星デザインも見どころ。

約2年前

Cc209e2c f167 4db1 9ba7 f0f4da61e4c7000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed228 10