21jxnbhkbal

村上春樹のデビュー作 1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作 ... 続き

コメント

やはり最初の作品には作家のすべてが含まれていると思います。
最新作まで読みきって戻ってみるとそう感じました。

しかし、よく◯◯を村上春樹風に語るっていう文章がありますが、今は全然そんな書き方してないですよね?

その他のコメント

「ぼくは・きみたちが・すきだ」というツイートを見て「お、久しぶりに」と思って開いた。高校時代の国語の授業のテキストとして使われた、ぼっろぼろの、こっ恥ずかしい書き込みがたくさんされている文庫本。これ授業でやって、村上春樹にはまって、どんどん本読むようになって、という思い出深い一冊。久しぶりの再読は(いつ以来だろう)やっぱり面白かった。ぼくは・きみたちが・すきだ。大切で切実な祈りの言葉として僕ももごもごと唱えていきたい。

何が面白いかと聞かれると答えに困るけれど、夏になると無性に読みたくなる本

読者

90a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901d4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e90970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a8e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c64ab143bb ca0f 4c2b b584 04fd165eb3c3406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 111人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

19日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22