21jxnbhkbal

コメント

やはり最初の作品には作家のすべてが含まれていると思います。
最新作まで読みきって戻ってみるとそう感じました。

しかし、よく◯◯を村上春樹風に語るっていう文章がありますが、今は全然そんな書き方してないですよね?

その他のコメント

「ぼくは・きみたちが・すきだ」というツイートを見て「お、久しぶりに」と思って開いた。高校時代の国語の授業のテキストとして使われた、ぼっろぼろの、こっ恥ずかしい書き込みがたくさんされている文庫本。これ授業でやって、村上春樹にはまって、どんどん本読むようになって、という思い出深い一冊。久しぶりの再読は(いつ以来だろう)やっぱり面白かった。ぼくは・きみたちが・すきだ。大切で切実な祈りの言葉として僕ももごもごと唱えていきたい。

何が面白いかと聞かれると答えに困るけれど、夏になると無性に読みたくなる本

読者

A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4aAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157182c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholder71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41E6348966 90b5 426e 9958 7be5af704a1b151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 90人

村上春樹の本

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

村上春樹がよく言う「ねじを締める」という言い回しがあるけどこの本では、95年に書かれた「チャールズ河畔の小径」だけねじがぎゅっとしまった緊張感のある文体で異質感をとても感じる。それ以外はねじを緩めすぎないで温泉につかったようなゆるさ。「チャールズ河畔」から「漱石からくまモンまで」およそ20年以上の歳月が流れており文章の変化を感じるのも面白い。自分は村上春樹の良い読者ではなく長編小説を理解できることがあまりないけど、「雨天炎天」や「遠い太鼓」など初期の紀行文は何度も読み返すほどで、「チャールズ河畔の小径」のねじの締まった感じ例えば以下の文 「僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しづつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ『コーン、コーン』という固く乾いた音があたりに響き渡る。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのため食料集めに目の色を変えて走り回っている」p.14 なんてものすごく良い。 「女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている」 p.14 初出の95年当時にiPodはないと思うけどあくまで初出ということで加筆する前の文章も読みたいところ。

18日前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

3か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267