51tzi2x%2b1jl

私は両耳をつかまれて、高々と持ち上げられた可哀想なうさぎ-。理不尽ないじめに苦しむ少女に兆す暗い思いを豊かな筆緻で描いた表題作のほか、子守歌に恐怖と孤独を... 続き

コメント

何て鮮やかな結末!
綺麗に一本が決まった柔道を見ているかのような快感を覚えました。後半の「殺人」への気づきよ!ああお見事。

この少女の将来が、あるいは少女の姉の物語が放課後のキイノートに繋がっていくんだろうな。

ベッドタイムアイズをはじめとするアメリカ人とのムード満載な恋愛作品も勿論好きだけど、
この作品みたいな、日本独特の閉鎖性をバネにした青春小説の清々しさたるや!こんなに影響された小説は無いかもしれない。

その他のコメント

いじめがない環境は あるのか

もし ひどくいじめられた時
そして ひどくいじめられたことのあった人

このような 考え方をもつことも あり かもしれません

自分を なくしてしまうまでにならなくても
このような 方法で 生きる道をみつけるのも ひとつの一歩かも しれません

私のバイブル。学生の頃から、事あるごとに、読んでいました。死んだら負けです。

読者

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff00262ceb e827 42de bd86 ac14d32025853fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bE5ce7d11 94a1 4f98 b048 c4899e6d935f61a7adb0 47df 4feb 9d6c e91d9cb56ea0 5人

山田詠美の本