41pjmv8cv6l

発行元から

風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものであると主張する著者は、自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になると説く。本書は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考え方を一変させる。風邪を通して、人間の心や生き方を見つめた野口晴哉の名著。

目次

風邪の効用
自然の経過を乱すもの
風邪のいろいろ
水分を摂る時期-体質改善の好機
整体に於ける温めるということ
愉気ということ

野口晴哉の本

躾の時期

躾の時期

3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662

ゆず

動きになる前のものに関心がありま…

“僕はこの子の盗みをするような心を変えよう。けれど貴方は子供の批判に対してどう答えるか、答えさえ出せばこの問題の結論は僕が引き受ける。”

10か月前