51d3kwfw2jl

まもなくクリスマス。街全体が温かな雰囲気に包まれるなか、寄宿学校の少年たちは、波瀾万丈のクリスマス劇「飛ぶ教室」の稽古に励む。ある日、マルティンに母親から... 続き

コメント

作家のエッセイのような導入から、作家がこの物語を書き始めて本編スタート。最後はまた書き終えた作家の描写で締めるという、映像を彷彿とさせるようなかっこいい構成。最初は楽しんで読めるか不安になったけれど(文体に馴染めなかったり、学校生活の描写に面白みを感じられるのか疑問になってきたり)3分の1を過ぎたあたりから、一気に読みきりました。言葉で説明してしまうと、ある寄宿学校のクリスマス前後に起きたあれこれ、ということになってしまうのだけれど、唯一あるとすれば、こんな素敵な先生たちが身近にいたらなあということかな。

読者

A3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b7efa1cc5 a32a 4abe b0e9 50492acb8ee23097db1a b12b 4f5f 9ef0 21799ca65b21640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff6b02a5b1 d300 4121 b261 d5da413f4fa911ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df6014253d4 6080 4951 9119 24735184a6963bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de 9人

エーリヒ・ケストナーの本

飛ぶ教室

飛ぶ教室

57709432 d252 4f74 9384 76dc45a2e2c4

a

男性筆者が創る男の子たちと男の先生の物語。ほっこりするけど甘ったるくなく、爽やかだけどスパイシーではない。女の子のお話を沢山読んでいると、この塩梅がより引き立つように思います。

約2年前

3055f579 0f90 4aaa 913f f397d8888fe733c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73735fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47a 39
ふたりのロッテ

ふたりのロッテ

57709432 d252 4f74 9384 76dc45a2e2c4

a

TVの連続ドラマを観ているように、どんどん展開が進むので、続きが知りたくて一気に読んでしまいます。

約2年前

E7c1f7f4 8843 44c1 a4a1 95008e9665ea2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b92d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a