41m4ppma3zl

同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始... 続き

コメント

いただきます。
ごちそうさま。
食べることを大切にしよう。
美味しい気持ちを大切にしよう。
辛くても、悲しくても、食べて、食べて、元気を出して、回り回って良いことが帰って来ますように。

【食は人をつくる】
おばあちゃんのぬか床、
丹精込めて漬けた梅干、
高級料理よりも憧れちゃいます…

なんだかとてもこころがほんわかする本。ほわほわです。

食べることは生きること
と帯に書かれていた。目に入った瞬間
涙がこぼれた。

失恋から物語が始まるので、恋愛と料理をテーマにした話かと思いきや、沢山の材料がふんだんに使われたスープのように、色んな要素が盛りだくさんのお話でした。
人によって感じる味が違うのと同じで、本当に様々な味に感じる人が多い作品だと思います。また、食べ物に喩える描写が多いので、違う意味でも様々な味を楽しめる作品になっています。

色んな人の心を優しくノックする。そんな物語です。温かくて優しい料理を食べたくなった時、是非読んでみてください。

「料理とは祈りそのもの」
食べるとは生きることだし、他の生き物の命をもらうこと。そのことが、とても丁寧に丁寧に綴られているので、自然に伝わってきます。
おばあちゃんの形見となったぬか床だけを抱えて故郷に戻ったりんごちゃん。反発し続けた母の下で始めた食堂は、願いを叶える恋愛成就の店として評判に。読んでいるうちに料理したくなりました。こんなに手をかけるのは難しくても、食材への感謝は忘れないようにしよう。

読むと心が感謝の気持ちで満たされました。代わりにお腹が空きます。

色んな人がいて、色んなものを作って、色んな自分に会う、
そんな本。

1日1組のお客様。
誰もが辛いことを抱えてて、けど同時に、誰もが幸せになることができる。ほっこりできる小説でした。

おなかすく本。
ひとつひとつ感じて、大事に。

丁寧に、美味しそうに描かれている食事風景。憧れを感じつつ、自分もまた、食における幸せを感じている日々を有り難く思えた。様々な幸せが見える。こんなに簡単に、料理が、食材が美味しそうに想像できる本は他に無いと思う。リアルすぎず、比喩的でもない。内容も、表現も素敵だと思った。

いのちに素直に生きる人たちが登場人物です。展開が早く、過去を急ぎ足で振り返っているみたいです。

美味しい料理が食べたい。会社へ行ってお昼はコンビニ、週末だってコンビニのごはんを食べたりする。最近全然料理をしていない。久しぶりに料理がしたくなった。倫子さんみたいな料理の腕はないけれど。小川糸さんの本を読むと、本当に好きな人と美味しいものを食べたくなる。

すごく食について丁寧に書いてて、料理や食べ物、食べる事を大切にしたいなって思えた。

1日1組のレストランなんて、行けないなー。緊張して味がわかんないよ。

決して高級な食材を使うのじゃなくても心を込めたお料理がとっても美味しいということかな。毎日のご飯に感謝!

普段の料理を、もっと想いを込めて丁寧にしなくてはという気分になった。

内容忘れちゃったもう一回読みたい一冊。

覚えているのは泣いたことと、心あったまる本だったってこと!

読者

3a955047 feac 48aa a31a d4338002c704Icon user placeholderIcon user placeholder9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b4dec5a75 851d 4eaf 994b a9496635af768f849100 1a65 4ae8 9f35 de16191b3a3aA09bb0ac 4108 4c44 9400 d660ade55655 104人

小川糸の本

卵を買いに

卵を買いに

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

21日前

56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd
ツバキ文具店

ツバキ文具店

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

親の心子知らず 失くした後に気づいても、遅いけど、 遺してくれたものがある 紙に書くって心の整理になるのかもしれない 鎌倉に行きたくなります

5か月前

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b878ca455 eced 41c4 be27 dae634229bca 83
ミ・ト・ン

ミ・ト・ン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

各国それぞれにいろんな風習や考えがあって 本書はラトビアという国がモデルになっていて 国の全ての人がいろんな場面でミトンをはめている 女性が編み 旦那さんや両親や親戚、はたまた近所の人にまで 作ってプレゼントする 日本でいう八百万の神と同じで 物にもその辺にある石にも全てのものに神が宿っているという考えから ミトンに願いを込めて神の模様を編み込んだりしている 物があまりなくても心豊かに過ごせるのは 神への信仰や感謝の気持ちがあるからでしょうか

10か月前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc23221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5 26
キラキラ共和国

キラキラ共和国

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

前作とともに何となく読まず嫌いしていてもったいなかったなぁ。美味しい食べ物が出てくる小説は内容もいいと思っています。美味しいものたくさん、好きな文房具もたくさん。キラキラってどうなのよ〜と思っていたのですが、前作の『ツバキ文具店』を読んで納得でした。

約1年前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bIcon user placeholderF6b26583 f782 4756 891c 9c6f123399bb 77