51nnjjyn1gl

"最後のフィクサー"浅田満-自民党のドンから山口組五代目、さらには宝塚スター、元横綱・北勝海に元阪神監督・星野仙一まで…その"威光"は、広く日本社会に浸透... 続き

コメント

暴力団のルポターシュでお馴染みの作者なのでこんな作品を出しているとは恥ずかしながら知らず、ある宴会で話題になって興味を持ったので手にとってみた。BSEの騒動で国の補助金を騙し取ったとして一族挙げて逮捕さらたことで有名になったハンナングループ総帥の話。関西出身なもんで恥ずかしながら正直いうと同和の問題には触れたくもないという思いがあって避けてきたテーマ。行政もやはり同じで過剰に優遇した結果、目端の利く者が巨万の富を得ていたという話。制度を悪用した一部の者のせいでかえって差別を助長した、という構造が分かる。元はと言えば謂れのない身分制度が悪いのだが利益のためには身内を暴力団に入れても構わないというなりふり構わぬ生き様はある意味立派。まとわりついて利益だけ吸いとってのうのうと暮らしてる人の方が多いんだろうと思うとやりきれないが。これは読み応えがありました。

その他のコメント

こういう図式だったんですね。
よくわかりました。
よく、ここまで取材できましたね。立花隆が絶賛するのも、納得です。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b09f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5da 3人

溝口敦の本

暴力団

暴力団

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

暴力団の思想や組織構造がよくわかる。良書。

1年前