512xk0r5m7l

コメント

天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ。

読者

F464b46b 79ae 4ad3 a94e ceb4139bb841D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a2cbba6e1 aef8 479a a60b fd1a00f928e8469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3 4人

東川篤哉の本

ハッピーアワーは終わらない

ハッピーアワーは終わらない

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ2作目 相変わらず家賃滞納するアラサー3人組 今回も家賃免除の餌に釣られて 法子夫人からの依頼で事件解決に乗り出す 仕事に行く部分がちょっとしか出てこないから 働いてないんじゃないかと錯覚してしまう だけど大酒飲みの3人だから 当然お酒を買うお金を持ってるわけで そっちにお金かけるから 家賃払えないんだなと納得

約2か月前

56ef3346 c550 48a9 9928 ccf910b98251Cfea4106 a257 4f3a b4cc 78cfb59984c4
交換殺人には向かない夜

交換殺人には向かない夜

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

美しく謎めいた奥様、平然とコーヒーをシェイクするビルオーナー、華やかな女優と冗談みたいなお嬢様に、凛々しく凶暴な刑事、そして狂言回し。 衣装のように、それぞれのオンナが物語のバトンを回していく傍で、見栄っ張りの貧乏探偵が大きく期待させ、普通に裏切る。そんなユーモアミステリー。

10か月前

Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb8183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28fIcon user placeholder 11
謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー

謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるので…

館をテーマにしたアンソロジー。 短編なのだから本格的な推理物はハナっから期待してはいけないだろう。時間潰しに丁度いい感じ。 1.東川篤哉『陽奇館(仮)の密室』 2.一肇『銀とクスノキ ~青髭館殺人事件~』 3.古野まほろ『文化会館の殺人 ――Dのディスパリシオン』 4.青崎有吾『噤ヶ森の硝子屋敷』 5.周木 律『煙突館の実験的殺人』 6.澤村伊智『わたしのミステリーパレス』 3以外はそれなりに面白かった。 古野まほろ?ユイカ?キャラの口調が気持ち悪い。読んでて不愉快だった。

10か月前

ライオンは仔猫に夢中 ~平塚おんな探偵の事件簿3~

ライオンは仔猫に夢中 ~平塚おんな探偵の事件簿3~

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ3作目 女子大生殺人事件の被害者が飼っていた白い仔猫を引き取って事務所で飼うことになり 2人と1匹となった 美伽曰く ライオンと仔猫と猛獣使い 今回はエルザの入院もあって 仕事も途中で投げ出すことになるかと思いきや 美伽と仔猫の活躍でなんとか最後までやり遂げ しかも犯人逮捕までこぎつけた なんだかんだと言いながら仲良く仕事して万事上手く回ってるからいいのかな

約1年前