51jvbnjqkel

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”... 続き

コメント

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。
解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。

首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

登場人物たちのつながりを想像しながら読んでいくが、常に予想外の展開が待っていて、あっと驚かされる。
伊坂幸太郎作品でおなじみのこの感覚は、何度でも味わいたくなる。
短編集のようで短編集でない、そんな作品。

伊坂さんの書くおばあちゃんのようになりたいといつも思う。僕の舟、が好き。2017.12

読む本にどうしてもストーリーを求めてしまうので、読み終わった後、後書きやネットでこの本について色々調べた。謎が多く、それぞれの繋がりや、大藪の死因等、気になるところが多く残る。また、首折という言葉から、七尾の物語かなと思って読み進めたが、そうではなかった。

もともとあった短編たちをつなげて作ったテクニックは奇跡。すごすぎ。ただし、伊坂さんだからといって終盤のどんでん返しや伏線回収がもたらす驚きに期待してはいけない。

いろんな話が複雑に混ざり込んでいて、一気に読まないと話を忘れてしまう。だけど、各々の作品がなんとなく繋がっている気がする。神様は私たちのことを常にではないが、見ている時には必ず救いの手を出してくれるって事に納得した。救ってくれないときはたまたま神が見てないときか。
個人的に僕の舟がとっても好き。泣ける。短編なのに、、、。

題名の通り、「首折り男」にまつわるお話ですが、1話1話テイストが違っていて、でも1話1話繋がっているまさに「協奏曲」のような不思議な小説です。
特に「月曜日から逃げろ」は、さすがは伊坂さん!と生意気にも声をあげたくなりました。

読者

63b3dde0 ef38 44a7 9c82 cd2278ef13d5223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd9Icon user placeholder83ed6485 8f58 45b3 b8f4 ce1dd50e5a71E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917795b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholder 86人

伊坂幸太郎の本

砂漠

砂漠

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

キャンパスライフの醍醐味はこうゆうとこだと思う。勉強、バイト、旅もいいが、感性の違う友人と仲を深めることで、自我が芽生えて、本当にやりたいことを見つけられる。 本当にやりたいことをそれぞれが本気で取り組めれば、世界が変わる。 なんてことは、まるでない。

9日前

32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 28
サブマリン

サブマリン

62f74644 2d77 4649 b9b3 081373fb01e3

nana

社会人三年目

2019-5-19 読了 陣内さんすき!! チルドレンを読んだのはだいぶ前だから 読み直したいな、と思った 読んでないのあるのに、すぐ伊坂さんに手を出すよね〜

約1か月前

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a7a3e12bb ac30 4cd6 af04 75630ec592576ccbbf35 c0dc 4d81 85fb 55865f7cce06 15