51jvbnjqkel

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”... 続き

コメント

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。
解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。

首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

登場人物たちのつながりを想像しながら読んでいくが、常に予想外の展開が待っていて、あっと驚かされる。
伊坂幸太郎作品でおなじみのこの感覚は、何度でも味わいたくなる。
短編集のようで短編集でない、そんな作品。

伊坂さんの書くおばあちゃんのようになりたいといつも思う。僕の舟、が好き。2017.12

読む本にどうしてもストーリーを求めてしまうので、読み終わった後、後書きやネットでこの本について色々調べた。謎が多く、それぞれの繋がりや、大藪の死因等、気になるところが多く残る。また、首折という言葉から、七尾の物語かなと思って読み進めたが、そうではなかった。

もともとあった短編たちをつなげて作ったテクニックは奇跡。すごすぎ。ただし、伊坂さんだからといって終盤のどんでん返しや伏線回収がもたらす驚きに期待してはいけない。

いろんな話が複雑に混ざり込んでいて、一気に読まないと話を忘れてしまう。だけど、各々の作品がなんとなく繋がっている気がする。神様は私たちのことを常にではないが、見ている時には必ず救いの手を出してくれるって事に納得した。救ってくれないときはたまたま神が見てないときか。
個人的に僕の舟がとっても好き。泣ける。短編なのに、、、。

題名の通り、「首折り男」にまつわるお話ですが、1話1話テイストが違っていて、でも1話1話繋がっているまさに「協奏曲」のような不思議な小説です。
特に「月曜日から逃げろ」は、さすがは伊坂さん!と生意気にも声をあげたくなりました。

読者

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7973bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9A5d2d4a5 eeaa 4f13 9e6e b8d2be55df121f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d771b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c522ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba6 75人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

22日前

Icon user placeholderA608b42a 6fe7 4e29 a2be fc86a1196bbc97ca4da4 a863 4a4c 9991 6c64b2952d1c 83
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

3か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 20