51jvbnjqkel

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”... 続き

コメント

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。
解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。

首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

その他のコメント

登場人物たちのつながりを想像しながら読んでいくが、常に予想外の展開が待っていて、あっと驚かされる。
伊坂幸太郎作品でおなじみのこの感覚は、何度でも味わいたくなる。
短編集のようで短編集でない、そんな作品。

読者

3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9A5d2d4a5 eeaa 4f13 9e6e b8d2be55df121f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d771b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c522ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba666514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be 73人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

3日前

Icon user placeholderE5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c76451496851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b 24
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

約2か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d549 19