51jvbnjqkel

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”... 続き

コメント

その他のコメント

辛うじて首の皮一枚つながっているような連作短編。マリアビートルのような話を期待していたのだけど、こういうのも嫌いじゃない。全く関係ない話もつながっているような気がする不思議。

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。
解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。

首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

読者

B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df784703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e314c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353C217fe9d f8fa 4ff2 b1f9 c837e462006943cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03E1bfbf1b d259 4dae 997b 634771e59066412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4D9d323a6 513c 444d 8019 e13a5f028f1d 34人

伊坂幸太郎の本

61w810ihkil
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

この作者は初めて読みました。で、残念ですが私にはイマイチでした。5つの物語が絡み合う話しで、映画で言ったら「マグノリア」ですね。ただし、かなり強引で、先が読めてしまうし、ちょっと都合良い話で、キレイにまとめたいっていう作為が透けて見えてしまってます(もちろんただの感想ですから、私にはそう感じたと言う事です)。 例えばジョンアービングの「ガ-プの世界」だって作為的といえば作意的な終わらせ方で先が読めるという人もいるとは思いますが、強引さは感じないと思うんです。読んで納得もすると思うんです。確かにクサイ話しではあるんですけど。 最近多いのが「さー、これでカンドーしろー!どうだーまいったかー!」っていう話しでして、個人的には好きじゃありません。以前読んだ本多孝好「MOMENT」もそうでした。だからただカンドー(感動ではなくカンドー)したいって人にはオススメです。 作りこみ過ぎると凄い話しじゃなくて作為的が透ける話しになってしまうと思うのですが、みなさんはいかがでしょうか? ちなみにクサイ話しの中でも私が「クサくても許せる!」ってのは 映画「ルパン3世 カリオストロの城」のゼニガタ警部の最後のセリフです。クサイ、凄くクサイ。けどカッコイイ! 2006 5月

約2か月前

41t43drdcll
E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2

中村晴子

娘2人

オアシスを出てしまった私は、砂漠の真ん中で、困っている人をバンバン助けていきたいと、改めて思う。ラモーンズの電撃バップ、言われてみれば確かに相当可愛い曲だ。

4か月前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da43feb36e 53c9 4fa4 9eef eee45605f62b 72
51la xxl8fl
008e9eff 7fca 4d74 a331 57fada494ab6

erikoya

大手印刷会社で燻っている28歳

hontoで読んだ。黒澤出てきてテンション上がった!2016.12

5か月前