51jvbnjqkel

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”... 続き

コメント

その他のコメント

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。
解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。

首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

登場人物たちのつながりを想像しながら読んでいくが、常に予想外の展開が待っていて、あっと驚かされる。
伊坂幸太郎作品でおなじみのこの感覚は、何度でも味わいたくなる。
短編集のようで短編集でない、そんな作品。

読者

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709311a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderIcon user placeholder501e898f 77e5 420e b4d4 90b1735ab32b9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38Icon user placeholder 60人

伊坂幸太郎の本

キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

約2か月前

C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a3 11