Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51jvbnjqkel

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”... 続き

コメント

その他のコメント

辛うじて首の皮一枚つながっているような連作短編。マリアビートルのような話を期待していたのだけど、こういうのも嫌いじゃない。全く関係ない話もつながっているような気がする不思議。

伊坂幸太郎は、誰かと話したく、語りたくなる小説を書く。
解説にもあるが、つながり、と、断絶にいつもながらほんろうされる。途切れるからこそ、つながりに目が向けられ、そして、そのつながりに、断絶によって生まれる謎めいた事ごとに様々な推測がよび起こさせられる。

首折り男と呼ばれる大藪と彼と容姿はそっくりなれど、性格はまるで違う小笠原。そして、時空のねじれの話。ああ、話したい。こうじゃないのかな?そうじゃないのかな?

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderEb348175 fdbf 4612 8f62 5abb2973ddd8648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bC444ad1b cf62 4e61 a93e d69a6867a9b5B366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d3440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb8586ffdc386 e16c 4429 a887 401b423b5e6d 46人

伊坂幸太郎の本

SOSの猿

SOSの猿

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

ホワイトラビットが久々にハマったので伊坂モードになり未読本に手をつけはじめた。 2つの話が交互に書かれ進んでいく形は好み。突拍子もない設定も伊坂本なら普通。時空のねじれ系。 無茶苦茶の中にリアルに響く言葉がポツリポツリあるところがニンマリしてしまう。

17日前

9a748c13 4e28 4826 ba49 7467beaf77a49323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb409d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf
ホワイトラビット

ホワイトラビット

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

ププっと吹き出しポイント多々。 ん?あれ?ポイント多々。 どんどん勢い良く進むので再読必須。 夢中で読んで小気味好く裏をかかれる。 本を閉じて「うん、面白かった!」と声に出して言ってしまった。 満足。

18日前

6f0bdfd0 ebd6 4cfc 9919 6ef0ee0e53aa55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e772450702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1 27
Happy Box

Happy Box

7656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25ab

キツネ

読書たのしー☆

小さな幸せがたくさん集まって大きな幸せに。見る目が変われば同じことでも幸せに思えることもあるし。 身の回りの小さな幸せに気付けるようになろう。そう思えるアンソロです。

20日前