51vtnejolll

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数... 続き

コメント

全部別々の短編として書かれたらしいのに、単行本にする際、綺麗に話しが繋がっていて、もう感服。
読み切ると、タイトルに納得。

最後に向かって、
バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、
1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。

途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。
めっちゃいい映画観たときみたいな。

無理矢理というか、
こじつけというか、
一見そんな風にも見えるんだけど、
全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。

登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。

「時空のねじれって、あると思うか?」

時空が捻れて、人生やり直せるなら三年前にもどりたい。
あの会社には入るなって。

(ちょいネタバレあり(?)の感想です)

先日、伊坂幸太郎さんの「首折り男のための協奏曲」を読みました。

連作短編集といった感じなんですが、「あとがき」にも書いてある通り、最初は首折り男の話で、途中から、黒澤の話になり、また最終的に、首折り男関連の話に戻ってくるといった、不思議な構成の連作短編集でした。

で、最初の話なんかは、初期の伊坂幸太郎作品ぽい感じで、個人的な印象だと、伊坂幸太郎さんは、第2期に入ってから、迷走してる印象なので、「お、今作は原点回帰作だな。そうそう、伊坂幸太郎作品て、これが魅力だよなあ」と思ったりしましたが、「あとがき」を読むと、それぞれの話の掲載時期が違うみたいで、なので、原点回帰作っぽかったんだなあと。

あと、最後の合コンの話は、若手の映画監督が、デビュー前に、インディーズで撮りそうな感じの話だなあと思ったりしました。

黒澤!!!
そしてあるシーンでは、それはあの押し屋の仕事か?!と勝手な妄想をしてしまう(注・今回押し屋は登場しません)

微かに繋がってる?くらいの連作短編集。
首折り男から黒澤さんそしてまた首折り男。タイトルにもあるように(一応)メインは首折り男なのだけど、黒澤さんの方が面白かった。
ベタかなと思ってもやはり『僕の舟』が良かった。

作中の登場人物が、それぞれの章で、主役として話が語られている構成。
しかも、それぞれ種類が違っていて、受け取り方も違ってくる。正に『協奏曲』。

読者

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholderDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a69627975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 20人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

約2か月前

C2968a4e db20 45df 81b0 703c2e94ca3e7744edf9 1a47 4e4e 94c7 2475a94bd2c346baaf20 42bf 4f86 9124 fd0063365e04 133
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

5か月前

7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619Ce9136e9 9588 4939 8a88 54d00b73eb6cC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 28