51vtnejolll

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数... 続き

コメント

最後に向かって、
バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、
1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。

途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。
めっちゃいい映画観たときみたいな。

無理矢理というか、
こじつけというか、
一見そんな風にも見えるんだけど、
全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。

登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。

「時空のねじれって、あると思うか?」

その他のコメント

全部別々の短編として書かれたらしいのに、単行本にする際、綺麗に話しが繋がっていて、もう感服。
読み切ると、タイトルに納得。

時空が捻れて、人生やり直せるなら三年前にもどりたい。
あの会社には入るなって。

読者

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholderDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a69627975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c4159b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85 19人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

3日前

Icon user placeholderE5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c76451496851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b 24
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

3か月前

E5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c7645149Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a70dfd73c e07c 4c21 ae6c bfb550756439 19