Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5102yg8rgrl

コメント

転勤で2年間香港に住んだときの様子が記載してあるノンフィクション。永住者が書いたものと誤認していた。自分が永住するときに役に立つかなと思ったが、8割方が役にはたったけど。アマゾンから貸与された本。アマゾンアンリミテッドで読んだ。

読者

F4c078ff 4100 4b66 bbbb f68a1a46cb43

ノンフィクション

41vs6c6w04l

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 詩歩

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

死ぬまでに行きたい!世界の絶景シリーズ、第1弾。5弾を先日購入したので、せっかくなので1冊目から読み返してみることにしました。 5作目と比べてみて驚きました。5作目はずいぶん情報量が増えたんだなー!と笑 基本的なシーズンとか行き方とかそういうものは変わらず記載されているけれど、1作目の方が少しシンプルでした。そして、こちらの方がそのシーズンに行けば見れそうな、そして雄大な大自然がメインの王道絶景が多いように思います。って言ったって、行くのは難しいですけどね笑 日本の絶景もちょっと含まれているので、初めてこのシリーズを手に取る方にはやはり1作目が一番いいのではないでしょうか(^^)

1日前

Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade74b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab 8
21xkqejr51l

君は小人プロレスを見たか 高部雨市

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

ガキの頃、地元の中学校の体育館に観に行った女子プロレスに彼らは出ていた。予備知識ゼロで行った自分はそのレスラー達の姿に驚き、そしてリング上で繰り広げられるエンターテイメントに爆笑そして喝采した。今でも空手チョップを見舞わせるプリティアトムの「トウ!トウ!」という甲高い声が記憶に残っている。 この作品には小人プロレスの盛衰と、差別との闘いが描かれている。ノッポのジャイアント馬場はプロレスで大成功したのになぜ小人プロレスの選手達はメディアから消されたのか。これを万人が納得できるように説明できる人がいるのか。憐れみか差別の対象でしかなかった彼らが存在をアピールできる場所、いや生活の糧であったはずのリングから遠ざけたのは偽善的な人権団体、そしてメディアだった。 巻末の「解説」を「無敵のハンディキャップ」の著者である北島行徳氏が書いており、そこで斜陽になった小人プロレスと障害者プロレスの融合が検討されたことを知って驚いた。なぜ実現しなかったかは読んで知ってほしい。

4日前

31wxgivzzsl

藤原道長の日常生活 倉本一宏

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

当時の日記から道長という人間と、平安貴族の日常を描く。道長の感情の起伏の激しさや自惚れ屋っぷりは他の資料に(主に『小右記』に)たっぷり記されていて、なかなか人間くさい。雅なだけじゃない生活が面白い。 当時の文学が好きな方は、きっと楽しく読める。

4日前

51cjpejtqel

母さん、ごめん。 50代独身男の介護敗戦記 松浦晋也

D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1

hoshiygc

色々な本を読みたいです

実際に母親の介護を経験したライターさんの書かれた本。介護を追体験できる感じでした。いやぁ・・・本当に苦労されている様子がわかりました。『「死ねばいいのに」が止まらない』介護されている方の正直な気持ちだと思います。科学ジャーナリストさんらしく、最後の考察は我々が皆で考えていかないといけないなと感じました。

5日前