514h2shtrrl

盗んだ原稿でベストセラー作家に成り上がった男は途方もない陰謀に巻き込まれる。人気作家の両親を持つ著者が放つ、驚天動地の傑作スリラー。 続き

コメント

途中まで『あ、面白いかも』と思いましたが、正直題名通りの内容が後半に待ってます。
帯の言葉を見て、期待値を上げすぎてただけかもしれませんが……。

あらすじを読んで想像するようなサスペンスやホラーではなく、色んなジャンルの要素をぶっこめるだけぶっ込んだジャンク感漂う駄作。
でも一気に読んでしまった…。
小説、小説家、それを取り巻く出版業界、さらには自国・他国の現状ーーありとあらゆるものへのたっぷりの皮肉で埋め尽くされた作品でした。
なんでもありの娯楽作として好きな人は好きだと思います。

読者

6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3E9925d6c 4317 464d a726 cba9c5af2ce8 4人

文芸