51zgu hzrkl

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れて... 続き

コメント

その他のコメント

まだ読んでる途中なんですが、「村上春樹がもし○○を書いたら」みたいなのがここ数年でネットに氾濫したおかげで、ものすごくレベルの高い村上春樹の真似(デフォルメを超えてくると言えばいいのでしょうか)みたいに読めて笑いが止まらないという倒錯的感覚があります。感想は遷ろうメタファー編で。遷ろうメタファーってうつの難しすぎだろ!

読者

783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7Cd71baa9 d31c 4cc5 a013 851744dfd99c80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f69368b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea90d306957 5b49 4253 b7b2 0007a4a8d687Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00140e5e368 ed94 4997 ba25 b905ae7c90ed89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 71人

村上春樹の本

41cevz2ozml
E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

10日前

41oybner4pl
#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fb585260d80>

ハイパラ

年に50冊は読みたい!よろしくど…

村上春樹の作品、実はほとんど読んでいません。(^^;;が、この本は良かった!村上春樹が語る「村上春樹」。共感というか、「繋がる」という感じ。ご本人の受け売りですが。(^^;;小説、毛嫌いしてましたが、読んでみようと思います。

約1か月前

19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b73705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd 26