51dvgae6ftl

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れて... 続き

コメント

小説を読むということが「読者が想像し連想する一連の作業」だとするなら、それは期待に見合う時間を過ごせると思う。しっかり手懐けられたライオンとそれを囲う檻。

物語の流れを理解するのは簡単、だが作品全体としての暗喩を理解するのは易しくない。実際、あまりわからなかった。しかし人それぞれ感じる事と思う事は違っていて当然。
「川」と聞いて思い浮かべる川は人それぞれ、太さ、速さ、色、景色どれも違うのだから

その他のコメント

秩序正しく生きる彼らが、まっすぐに生きていけることにただただ安堵。
地震のあったあの頃、私達日本人はお互いの存在をとても大切にしていた。今、それを忘れてはいけない。

感想を述べるに足る言葉が見つからない。面白かったんだけどな。

読者

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e633bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed175619557d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6Picture 94人

村上春樹の本

バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

約1か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267
バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

3か月前