51vbs9dbhvl

「わかりきったことじゃないかね」と誰かが言った。ある夜、主人公の前に顕れたのは「イデア」だった。イデア!? 山荘のスタジオで一度は捨てたはずの肖像画制作に... 続き

コメント

イデアとは見られるものと考えればいいのかな?

その他のコメント

村上春樹作品の多くがそうであるように、時間軸と妄想が絡み合う作品。第2部の発売をあけるのは、やめてほしい

読者

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd7755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb6F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af173bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 5人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

約2か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25