41smiz7rejl

「簡単なことだ。あたしを殺せばよろしい」と騎士団長は言った。「彼」が犠牲を払い、「私」が試練を受けるのだ。だが姿を消した少女の行方は……。「私」と少女は、... 続き

コメント

病室から先の展開が‥でもこの4冊楽しめました。

読者

494ebd0f ba2c 4ef0 89df d2e0b5e9ecef87ef14bb 3e70 4a35 8fc5 fb71a1657cf2F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af15965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 5人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

約2か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25