41mbllwr8nl

昭和最大の未解決事件「グリ森」をテーマに描いてから、約1年――。 『罪の声』塩田武士の最新刊は、大泉洋“主演小説”! 塩田武士×大泉洋 新しい<小説の形>... 続き

コメント

本を読む時、登場人物はあくまでも自分の想像した人物で、自分の頭の中でセリフを喋る。今回は、大泉洋を想像しながら読んだので、頭の中が二重回し状態でした。台詞読んで「あーこのアクセント大泉洋は使わないな」と、読み直しして。。笑
プロローグってなんだよって思ったんだよなぁ。読了納得でした。。。

その他のコメント

「あてがき」というのは、ちょっとずるい。読み始めた瞬間から、すでに映像化れていたかのように、人物が動き出して、物語に一気に引きずり込まれる。

人物像の描き方も上手で、編集長でありながら、中間管理職として板挟みになりながら、四苦八苦する速水(主役の名前)の様は、まるで大泉洋そのもので、よく特徴を捉えられていたし、取り囲む登場人物も個性的で会話のやりとりも面白かった。

また四苦八苦している中に、散りばめられている伏線が物語に厚みを持たせていて、タイトルに落ちている辺りは、さすがと言った感じ。

読者

E23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e7fdcb7f6 8b37 46c9 9ed2 6c52d6f765d648ea54f4 a6f4 4000 b34d e04d2d59931dIcon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f007f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a389f45d32 1440 4cfc 8ae6 6dcaf1a28a35F753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf2 45人

塩田武士の本

女神のタクト

女神のタクト

Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

良かった。役者が出揃ったところで最後は予想つくけどね。いつもの塩田ワールド全開で、前半はボケとツッコミの上方漫才で、後半に向かうにつれシリアスに。このやり方が本当に効果上げてるのかは??だけど。おそらく音楽の専門家ではないので、それに関する記述は最小限に抑えたのも好感がもてた。

1年前

ともにがんばりましょう

ともにがんばりましょう

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職 本屋楽しい…

組合の執行委員について知りたくて読んだ本。組合員の事を考え代表して上層部と意見を言い合う立場。組合員の気持ちだけでなく、会社の事情にも精通していなければ、大胆な提案もできないし、押さえ込まれてしまう。『ともにがんばりましょう』良い言葉だ。組合はともにがんばるためにある。

1年前

罪の声

罪の声

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

グリコ森永事件を題材にした小説、事件から31年経って思わぬきっかけからあの有名な無機質で抑揚のない子供の様な脅迫テープの声が自分であったと気付いたところから物語は始まる。事件に巻き込まれた家族という視点は今までになく新鮮。グリコ森永事件ものはつい読んでしまう。

約2年前

4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed5c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051 143
女神のタクト

女神のタクト

5838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982

NICK

好きなジャンルは?と聞かれると推…

前作で将棋指しを書いていた人とは思えない題材(街オーケストラ)です(苦笑) でも、一生懸命努力して、不器用ながら、決して恵まれた環境でなくても、自分を信じて勝負する、そんな真っ直ぐな、熱い思いの詰まったお話であるあたりは前作と同じです。 前作のテイストが好きな方にはこちらもオススメ。 音楽題材なので、女性の方ならこちらからスタートした方が読みやすいかもですね。

約3年前