512ploaabrl

コメント

ドイツと日本が勝利した第二次世界大戦後のアメリカは、陰と陽の一面を返したようで、権力者の影が影絵のように揺らめく様相は、現実においてのアメリカ合衆国が落とす影と一対になっているかのよう。
この世界であっても日本は渦の中心にあって中庸の立場をとらざるをえなくなるというのはいかにも皮肉だ。
そのような世界での官僚、反骨心をくすぶらせる職人、素性を隠すユダヤ人青年などに引き起こされた出来事に対しても、生き抜くための手段を講じる日常にすぎず、世界の大局に影響する力も持たない。
作中作として登場する小説はアメリカが戦勝国となった世界を描いており、またディック自身が傾倒していた「易経」がこの背中合わせの世界を立体的に描写する役割を担っている。
今の世の中も物事の一面に過ぎないということを薄暮の雲のような淡彩の向こう側に描いたような独特の世界観を感じた。

その他のコメント

ナチスドイツと日本が二次大戦を制した後の世界。進駐日本人の支配下に置かれたアメリカで、逆に米英の勝利を描いた一冊の本がベストセラーとなって静かに広まっていく。運命の変転を易経の卦を通じて描く。

とことんフィクションのはずなのに現実よりも現実味を帯びている。嘘っぽくならない日本人の日本人感が絶妙。そして「本当にこうなっていたかもしれない」とあう薄ら怖さもある。

読者

15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf284d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdA9a32416 732b 4ca3 9502 561a460f9958000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d87262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d4 45人

フィリップ・K・ディックの本

トータル・リコール

トータル・リコール

5919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc

マコト

渋谷区在住

鬼才ディックの短編集。その多くが映画化されているのは、やはり発想の見事さと、秀逸なストーリーテリング技術なのかもしれない。表題作トータルリコール、マイノリティリポート、ペイチェックなど。SFの未知の世界観は映画だけではなく、原作小説も眠る前のひと時に丁度良い。

3年前

C06e79c3 63b1 4179 8ec5 2054358a9e635add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137949e3c5de7 39e0 48aa 9c39 fe905b0cd6e1 8