61%2bazdrpnrl

貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。幼時から父平城帝の寵姫藤原薬子に天竺への夢を吹きこまれた親王は、エクゾティシズムの徒と化し... 続き

コメント

その他のコメント

澁澤小説で最初に読んだ本なのでとても印象的。ワクワクしながら読んだ覚えがあります。大好きな世界観。

読者

C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3aE20d83a2 7453 42b6 b4ef bac890d06b001cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d2162479a 34d3 4aa4 8b00 76884b16b27c 5人

澁澤龍彦の本

高丘親王航海記

高丘親王航海記

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

2017年に新装版が出てた!今年はコミカライズもされるみたいでビックリ。 澁澤龍彦、最後の作品。 主人公の高丘親王は、平城天皇の第三子で、叔父の嵯峨天皇の皇太子となるも、薬子の変に連座させられて廃太子に。その後仏門に入り空海の高弟に。晩年は仏教を極めんと唐に渡り、更には天竺を目指して旅立つも、志半ばで客死した人物。 数奇な生涯にも程がある! 本書は、天竺入りを目指す高丘親王一行が、さまざまな怪異に見舞われつつ、古代の東南アジアを旅する幻想的な旅行誌となっている。 既に喉頭癌という死病に苦しんでいた、澁澤龍彦の葛藤が主人公の高丘親王に多分に投影されていて切ない。 父の愛人であった薬子への仄かな思慕。次第に病み衰えて行く肉体と、反比例するかのように自由闊達に世界を駆けて行く精神。 死を描く物語だか、読後感は至って爽やか。 老境にあっては、こんな感じで恬淡と生きられたらと思う。

8か月前

5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe1e937f07 98c1 41ab a7ec 25c2ef97c0ef59aaad90 3666 47ad a6da be90c85c2145
若冲

若冲

805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681

ほまま

人生折り返し地点かな

著名な美術史家、文学者、評論家、小説家などが伊藤若冲の魅力を全力でアピールしている。もっとも共感したのは種村季弘氏の「若冲の画面には一種の奇妙な正面性がある。」からの一連のくだり。小説「若冲」の著者澤田瞳子氏の母君澤田ふじ子氏の短編も秀逸。オクラホマ州のプライス邸心遠館訪問記も興味深い。

約2年前

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faA46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb